トピックス

【姿勢治療家®創設者仲野孝明コラム配信】<学生用>鍼灸師、柔道整復師で将来が不安な方へ

WEBR0011313

プロフェッショナルを育てるために
<学生用>鍼灸師、柔道整復師で将来が不安な方へ

現在 学生の方

授業しか受けておらず、両親が同じ仕事をされていない方
特に将来に不安を感じでいませんか?

ご実家が同じでも
何も治療院、治療院等で仕事をしていない方

将来不安ではないでしょうか?

その不安に感じる要素は
鍼灸師、柔道整復師の養成学校が
2000年頃に学校が4倍に増えたことが大きく関与しています。

以前は
20校
卒業鍼灸師毎年、2000人でした。

それが、規制緩和により学校が急増したためです。(2000年)
現在は、
90校 6000人です。

数字からみてもわかるように
学校4倍、生徒は3倍と
学校業界も厳しくなってきています。

私が学生だった1995年は、
信じられないかもしれませんが
入学希望しても、学校に入るまで1年~2年待つことが常識でした。

ご縁のあった
鍼灸師の先生や、整骨院の先生に
相談しにいき、
その先生の母校に、推薦状を頂き学校を受験することが
多く、同級生の
90%はどこかの治療院に務めている状況でした。

いわゆる徒弟制度です。
鍼灸院、整骨院では、
長年続けられている形式です。

私の実家でも、子供ときから、
隣接する寮に住み込みの先生が
常時4名~5名おりました。

私は長男だったので、兄がいないため
よく子供のころに
寮の先生に遊んでもらっていました。

老舗の20校は
大正、昭和初期からスタートしています。

学校のカリキュラムは
治療室で働きながら、
基礎は学校で学ぶカリキュラムです。

例えば、
鍼灸学校で行う実技の時間は、216時間。

どのような職業でも
プロフェッショナルになるまでは
10000時間の経験が必要です。

全くというより
学校では、基本の基本だけ
教わるだけで、
216時間、たったの1ヶ月ほどの学びでは
まだまだ仕事にはできません。

鍼灸、柔道整復など手技の世界でも基本は同じです。

◆学校生活を生かす
大切な時間の使い方を伝授します。

例えば、大学卒業したばかりの
昼の学生であれば
15時~21時
夜の学生であれば
9時~16時  (※休憩あり)

◆3年で6300時間、学生時代に学べます。

内訳

1日 6時間
1ヶ月 150時間(25日勤務)
1年 1800時間
※学校の夏期休暇、冬期休暇などで、集中的に
1日サポートを+300時間。(50日×6時間)

◆卒後1年~2年で10000時間
1日8時間×5日
月間160時間
年間2000時間

この10000時間をまず
クリアーすると、すばらしい世界が見えてきます。

自ら、何を追求していきたいか
そして、臨床を通じてどのような自己実現をしていきたいか

どんな状況からも
学ぶことができ、
また、他の世界で起っていることや
異業種の常識を、組み込んで新しいものを
作り出したりもできます。

なにより、プロとして
多くの方に接触することができるため
仕事での満足感が変わってきます。

毎日が楽しくて仕方なくなりますよ。

人生=時間です。

人生の中の
10000時間の投資には

その職業で必要な、治療技術はもちろんですが、

世界観や倫理観

を身につけることが必修です。

ご実家が、成功している
鍼灸院、整骨院の方は、まったく気にせずに、
ご実家で卒業後学ばれることで
大丈夫でしょう。

まだ、働いていない学生でしたら
ぜひ、働かせてもらえる治療室を訪ねてみてください。

給料が高い、安いは
気にしてはいけません。
時給で数百円変わる程度です。

人生は、時間でできています。

プロフェッショナルとして
本物になれば、未来は大きく開けて行きます。

ぜひ、有意義なすばらしい学生時代を
過ごしてください。

将来の
鍼灸師、柔道整復師が
一人でも多くの人々をサポートし
健康で輝かしい未来を一緒につくり、過ごせるような社会を
めざして応援しております!

姿勢治療家®創設者
仲野孝明


トピックス

>ご予約はこちら

資料請求

動画

ページトップ