トピックス

足首の可動範囲が狭いと疲れやすい【姿勢治療家ラジオ】

第34回告知用:アートワーク

今回はリスナーさんからの質問に
お答えしました。
ブログにも書いてありますので是非!!

いつも聴いてくださっている方々
ありがとうございます。
番組ダウンロード数も伸び続けているようです

姿勢ラジオがきっかけで

リスナーの皆様の
人生と姿勢が変わっていってもらえると
嬉しいです。
_______________________

はいっ!!毎週金曜日は仲野孝明ラジオの日!!

_______________________

【意識の持ち方で効果が倍増します!!】

<内容>
リスナーさんからいただいた質問にお答えします。

<質問>
私は1年ほど前から趣味でジャズダンスとバレエを習っています。
身体を柔らかくしたいという気持ちもあって始めました。
おかげさまで最近は、前屈したときに手の5本指が床につくようになりました。これから更に柔らかくしていくにあたり、足首のかかと側のストレッチ方法についてご質問です。

私はかかとを床につけた状態でしゃがむことができません。尻餅をつきそうになります。
膝の裏の硬さもあると思いますが、ダンスでいうフレックスの状態にしてもあまり足首から曲げることができません。
他の部位はストレッチをしたときに伸びている感じや少しの痛みを感じますが、足首周りについては足をふくらはぎ前側に引っぱってみても痛みすら感じず、ただ動かないという感じです。
正座では足首の前側が伸びるのを感じますが、足首の後ろ側・かかと側を柔らかくするコツや、おすすめのストレッチ方法、日頃の動かし方などあれば教えてください。

<回答>
もしかして日頃からハイヒールのようなかかとの高い靴を履いていらっしゃって逆の動作がしづらくなっている可能性があります。
フレックスの動作ができるストレッチボードなどを朝と夜活用する事をおススメします。

開脚動作の際は、かかとをより遠くに押し出すイメージでするとハムストリングという筋肉がより伸びるので同じ時間をかけても1.5倍ほど効果的です。

足首の可動範囲が狭いと疲れやすかったり、むくみやすい状態や何もないところでつまずく原因になります。
足首を動かす事がむくみ解消の方法となります。

<詳しくは回答ブログ>
http://ameblo.jp/nakanoth/entry-12226285426.html

__________________________

【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

自分のカラダと人生
今日もクリエイトしましょう!!
__________________________

続きは
第34エピソード本日も配信されました!!
~第34回:足首がかたくなると疲れやすかったり
むくんだりします~

是非!!仲野孝明ラジオ視聴ください!!

<ラジオの聴き方が良く分からない方>
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m


トピックス

>ご予約はこちら

資料請求

動画

ページトップ