なぜ姿勢なのか?Part3呼吸を改善するには正しい姿勢

姿勢治療家HEAD OFFICE
日本姿勢構機構 理事
浅川 修一郎です。

「呼吸の練習をしているけど、なかなか息を深く吸えるようにならないんです」
臨床中にあったこちらのご質問にお答えしたいと思います。

呼吸と聞いてぱっと思い浮かぶカラダの部位はどこでしょうか?

鼻?口?肺?

以前「カラダの機能を活用するためには鼻呼吸が大切ですよ!」という旨のブログを書きました。
しかし、それだけではカラダの機能はフル活用出来ていません。

皆さんお気づきの通り
カラダの機能をフル活用するために大切なことは正しい姿勢です。

カラダの内で代謝されO₂が少なくCO₂が多くなった呼気と外の空気とを肺で交換する呼吸運動。

呼吸運動は肺が膨らんだり縮んだりすることで起こっていますが、肺の動きは肺を包む胸郭という構造によってコントロールされています。


胸郭の骨格は脊柱(背骨)、肋骨、胸骨で構成されています。
また胸郭の筋には、肋間筋、肋下筋、斜角筋、胸横筋、そして横隔膜があります。
これらの筋が働くことで、胸郭は広がったり、狭くなったりしているわけです。

しかし、猫背になっていたり、悪い姿勢で過ごしていると、脊柱の隙間から出ている神経の働きが悪くなり、胸郭を動かしている筋肉に上手く指令を送れなくなります。
それに加えて、悪い姿勢では筋肉に負担がかかり続け、筋肉が伸び縮みが出来なくなってしまいます。
その結果として、胸郭の動く範囲が狭くなり、呼吸がしづらくなってしまうのです。

【実験】
・猫背にして呼吸してみましょう
・壁に背中をつけて、正しい姿勢に近づけて呼吸をしてみましょう

どちらの方が呼吸がしやすかったですか??

色々な呼吸法を試しているけど改善が感じられないと言う方、正しい姿勢で呼吸をして、カラダの機能をフル活用していきましょう!!

 

 

関連記事

  1. 姿勢によって、呼吸の深さが変わる!?

  2. おじさん猫背タイプ

  3. 今日がこれからの人生で一番若い日です!!|姿勢治療家がトレー…

  4. 扁平骨盤、そり腰、将来の出産対策は?

  5. 練習時間が取れないランナーのための最短でフルマラソンを完走す…

  6. 足首がかたくなると疲れやすかったりむくんだりします

  1. 2020.11.27

    第223回 靴底職人さんに会ってきました。

  2. 2020.11.20

    第222回 快眠のための儀式を持ってみよう!!

  3. 2020.11.13

    第221回 カラダは適度な負荷をかけないとダメです!!

  4. 2020.11.07

    睡眠を改善するために試してほしい3つのこと|姿勢治療家が…

  5. 2020.11.06

    第220回 2分間の姿勢の違いが、ホルモンに変化を与える…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ