”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【股関節編】|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回は股関節の怪我予防です。

怪我はどうして起こるのか?
物凄く端折ってお伝えすると”使い過ぎ”です。

日々のカラダの使い方によって、カラダには得意な使い方と苦手な使い方が出てきます。
得意な使い方とは、毎日のように繰り返し行っている動作です。
筋肉や筋膜、靭帯と言った軟部組織は、過度に繰り返し使うことで、小さな傷を重ねて、硬くなり、弾性を失います。
そうして負荷がカラダの許容範囲を超えると、怪我として表面化します。

未来の怪我を見つけるには、自分の得意なカラダの使い方を見つけ、”使い過ぎ”を防ぎ、ケアすることがポイントです^^
トレーニング中の動作はもちろんのこと、日常生活動作を観察することも必要です。

自分の得意なカラダの使い方を見つけるコツは、自分のカラダの関節可動域を知ることです。

その為の簡単チェックを今回もやっていきましょう!!

では【股関節編】です!!

①仰向けになります

②片膝をかかえこむように胸に近づけます

③真っ直ぐ、内、外と3方向にかかえこみます

A.3方向どれも胸の高さまで抱え込める→股関節は上手に使えています

B.3方向いづれかで胸の高さまで抱え込めず、硬さを感じる→股関節の使い方、黄色信号です

C.3方向いづれも胸の高さまで抱え込めず、痛みを感じる→股関節の使い方、赤信号です

いかがでしたでしょうか??

Aの方は股関節を非常に上手に使えています。
普段の座り方や立ち方も姿勢が良いかもしれませんね^^

BCの方は股関節の使い方に課題があります。
座っている時に後ろにもたれる様に座っていたり。
立っている時に片側重心になっていたり。
ご自身のカラダの使い方を振り返ってみるといかがでしょうか?

未来の怪我は、今のカラダの使い方の延長線上に起こります。

こちらで股関節に負担をかけない”正しい座り方”や”正しい立ち方”を学んで、普段のカラダの使い方を見直すのもおススメですよ^^
↓↓↓

Cの方はすぐに治療が必要です。
ご来院お待ちしております。

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. なんで足首の捻挫って繰り返すの??|姿勢治療家が伝える正しい…

  2. 体の柔軟性、一方通行になっていませんか?

  3. 何を解説してるでしょうか??|姿勢治療家が伝える正しいカラダ…

  4. 【続】内股の私、ガニ股の彼氏、対処方法と正しい歩き方

  5. 姿勢が悪いと骨や筋肉が老化する

  6. 腱板損傷と言われました、どうしたら良いでしょうか?

  1. 2024.04.12

    第400回 当初無理だと思っていたフルマラソン3時間20…

  2. 2024.04.05

    第399回 お尻の穴を下に向けて、骨をイメージしながら身…

  3. 2024.03.29

    第398回 私におこった驚くべき足裏アーチの変化

  4. 2024.03.22

    第397回 これは困った、ギックリ腰なりたての対処法

  5. 2024.03.15

    第396回 子供の頃からカラダがかなり硬く、長座ができま…

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ