”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【股関節編】|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回は股関節の怪我予防です。

怪我はどうして起こるのか?
物凄く端折ってお伝えすると”使い過ぎ”です。

日々のカラダの使い方によって、カラダには得意な使い方と苦手な使い方が出てきます。
得意な使い方とは、毎日のように繰り返し行っている動作です。
筋肉や筋膜、靭帯と言った軟部組織は、過度に繰り返し使うことで、小さな傷を重ねて、硬くなり、弾性を失います。
そうして負荷がカラダの許容範囲を超えると、怪我として表面化します。

未来の怪我を見つけるには、自分の得意なカラダの使い方を見つけ、”使い過ぎ”を防ぎ、ケアすることがポイントです^^
トレーニング中の動作はもちろんのこと、日常生活動作を観察することも必要です。

自分の得意なカラダの使い方を見つけるコツは、自分のカラダの関節可動域を知ることです。

その為の簡単チェックを今回もやっていきましょう!!

では【股関節編】です!!

①仰向けになります

②片膝をかかえこむように胸に近づけます

③真っ直ぐ、内、外と3方向にかかえこみます

A.3方向どれも胸の高さまで抱え込める→股関節は上手に使えています

B.3方向いづれかで胸の高さまで抱え込めず、硬さを感じる→股関節の使い方、黄色信号です

C.3方向いづれも胸の高さまで抱え込めず、痛みを感じる→股関節の使い方、赤信号です

いかがでしたでしょうか??

Aの方は股関節を非常に上手に使えています。
普段の座り方や立ち方も姿勢が良いかもしれませんね^^

BCの方は股関節の使い方に課題があります。
座っている時に後ろにもたれる様に座っていたり。
立っている時に片側重心になっていたり。
ご自身のカラダの使い方を振り返ってみるといかがでしょうか?

未来の怪我は、今のカラダの使い方の延長線上に起こります。

こちらで股関節に負担をかけない”正しい座り方”や”正しい立ち方”を学んで、普段のカラダの使い方を見直すのもおススメですよ^^
↓↓↓

Cの方はすぐに治療が必要です。
ご来院お待ちしております。

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 生活で活かせる”姿勢治療家®暮らしの解剖学”が動画で学べるよ…

  2. 今日がこれからの人生で一番若い日です!!|姿勢治療家がトレー…

  3. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】右脚全体の痛み 腰痛…

  4. 出産後の骨盤のゆがみや体の不調

  5. ”腰が疲れる””首が痛い”は使い過ぎのサイン|姿勢治療家の解…

  6. 姿勢につながる足と足の指について

  1. 2023.01.27

    別海アイスマラソン~距離対策~

  2. 2023.01.27

    第336回 自分のカラダの使い方を客観視しよう!カラダと…

  3. 2023.01.20

    別海アイスマラソン寒さ対策~下半身編~

  4. 2023.01.20

    第335回 まずは、布団の中で背伸びをする

  5. 2023.01.13

    第334回 ラン後、足裏の違和感とコリに悩んでいます

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ