【治すだけが目的ではない:臨床レポート】左臀部の坐骨神経痛 左足の冷え、つりやすさ、子供の頃からある肩こり

【臨床レポート:左臀部の坐骨神経痛 左足の冷え、釣りやすさ、子供の頃からある肩こり】

62歳 女性

多くの症状を抱えた状態で悩まれていましたが、院長出演のテレビをご覧になって、「姿勢の歪みがあるせいかも」と感じられて、当院にご来院されました。「人生100年と考えると、チューンナップした方が良いな」と思われたそうです。

主な症状↓

・子供の頃からある肩こり
・左足首の運動後の冷え、足首のつりやすさ
・腰の痛み
・左臀部の坐骨神経痛

【初診 2019年11月】
日常生活や普段気になっている事などについて伺います。

・子供のころから肩甲骨が硬く、中学時代の休み時間にはマッサージの上手な友達に揉んでもらっていた
・肩こりがひどい時には、肩甲骨の間が出っ張ってくるような感覚がある
・今は僧帽筋のラインがきつい
・左坐骨神経の痛みは左臀部の奥の方に巣のような感じである。疲れてくると強く感じる
・左足は靴下をはく時につる
・左足は3回捻挫している
・結婚当時に腰痛で歩けないことがあった(25,26歳)
・車で移動することが多い
・最近まで介護をしていた。加圧に行けたのは1年ぶり。
・ソファに座りながらよくTVを見ている
・56歳になあってから運動スタート
・大人になってからバレエやジャズダンスを始めた
・2011年までは今よりも+10kg だったけど、酵素ドリンクなどで痩せた
・加圧、ピラティスなどをしている
・TVをみてから、ソファで後ろにもたれるのはいけないと思って正座するようになった
・小学校の頃に便秘で下腹部がぽっこり出ていた
・心臓が気になる
・外食多い、お酒好きでなんでも飲む

6Healthの観点から考えると、食事では酵素ドリンクを取り入れ、食事の間隔を空けてお腹を休めるようにしていたり、運動はピラティス、加圧を取り入れていました。人生100年時代に向かって動かれていましたが、姿勢の領域はまだまだ手付かずの状態でした。

≪全身の検査≫
間違った姿勢を続けていると、使う関節や筋肉に偏りが出て、思うように機能しなくなります。
関節に可動域の制限あると、その周囲の筋肉や靭帯といった軟部組織は硬くなり、伸び縮むといった機能低下が起こっています。
機能低下を起こしている関節を検査で見つけていきます。

頚部回旋 右60度/90度
左70度/90度

肩前方挙上 右170度/180度
左175度/180度

腰部   後屈 可動域↓
側屈     右可動域↓腰部にハリ
kemp     右可動域↓腰部に強い痛み

胸椎   伸展 可動域低下↓↓

股関節  ラセーグ 右70度/90度
左70度/90度
パトリック 右70度/90度
左60度/90度
かかえこみ 右 可動域低下↓↓
左 可動域低下↓↓

足    足関節 右 可動域低下↓
左 可動域低下↓
リスフラン 右 可動域低下↓
左 可動域低下↓

頚部・肩部・股関節・腰部・足部それぞれに可動域低下が見られましたが、その中でも特に頚を左右に回す動き腰を後ろに反らす動き左の股関節を外に開く動きが本来の可動域の2/3程度まで機能低下が見られました。左臀部に出ている坐骨神経痛は、左股関節を開きづらくしている周囲の軟部組織の機能低下により引き起こされている事が考えられます。

≪からだの使い方≫
関節の可動範囲には、からだの使い方の歴史が現れます。
得られた関節の可動範囲の検査を基に、今までの生活でどのような身体の使い方が得意だったのか、また苦手だったのか探していきます。

  • 介護している時に腰を丸めて前かがみになっていた
  • ソファに座ってTVをみている時間が長かった
  • ノートパソコン使用時の姿勢
    →デスクトップが壊れてから、ノートPCに変えてから、後ろにもたれるように座るようになったようです。

 

≪結果≫

・肩は張っていますが、気にならなくなった。
・姿勢が良くなったと思うし、「姿勢良いですね」と言われることもある。
・関節の動きや筋肉の使い方が上手くなった気がする。そのためかダイエットで順調な結果が出てきている
・腰の奥にあった神経痛の巣のようなものを感じなくなった
・耳鳴りがほとんどなくなった

 

〈集中治療〉計8回

11/20 腸腰筋、殿筋の軟部組織治療
30分~1時間に一回立つ
PCモニター位置修正を指導
椅子、ソファでの座り方指導

11/28 正しい座り方をしている時に股関節の前がつまる
TVを見る時にストレッチボードに乗るようにしている
歩行中、臀部に強い痛みを感じた
腸腰筋、臀部、頸部の軟部組織治療
股関節、脊柱のストレッチ指導

12/5 外苑前からこちらまで歩いて20分くらいでこれた
股関節を開くストレッチで左股関節に痛みあり
肩はまだキツイ
腸腰筋、殿筋、頸部、肩下部の軟部組織治療
コアトレーニング指導

12/11 時々転ぶことがある
転びそうになった時に踏ん張ってしまって左股関節痛みあり
転倒して膝をうった
腸腰筋、殿筋、頸部、肩下部の軟部組織治療
股関節、肩のストレッチ指導

12/19 1日3~4回ストレッチボードに乗っている。お風呂の後、はみがきをしながら
股関節ストレッチを左→右→左で左を多めにやっている
腸腰筋、殿筋左前部、右後部、頸部、左足部の軟部組織治療
ハムストリング、内転筋のストレッチ指導

1/9  お正月は思い出してはストレッチをしていた
12/19の治療後の加圧が楽だった
坐骨神経痛の痛みはほぼ消えてきたけど、腰の奥に芯が残っている感じ
腸腰筋、後仙腸関節の軟部組織治療
再度座り方の確認

1/28 股関節ストレッチを立体駐車場で車を待つ間にもするようにした
座っている時の姿勢が崩れなくなってきた
腸腰筋、殿筋左前部、右後部、頸部の軟部組織治療
ハムストリング、内転筋のストレッチ指導

2/12 食事は16時間ファスティング、水1.5L、レコーディングをしている
姿勢を気をつけている為か順調に体重が減ってきている
今週は眠れなかった
腸腰筋、殿筋左前部、右後部、頸部、肩部の軟部組織治療
内転筋のストレッチ指導

2/28 日曜日の朝に温泉に入って、湯あたりで倦怠感
今日は車が多かった
坐骨神経痛の根っこは外れた、表面に少し気になる感じあり
肩こりはだいぶ楽になりましたが、首のつけ根のところの張りがまだある
腸腰筋、殿筋左前部、右後部、頸部、肩部の軟部組織治療
内転筋のストレッチ指導

 

■twitter|勢治療家仲野孝明公式
https://twitter.com/sisei_nakano

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中
https://www.youtube.com/user/nakanoseitai

■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中。
http://takaakinakano.com/mail-register/

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構
https://shiseikk.jp/seminar/

■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売
自分が使いたい商品をつくっちゃいました
https://shop.senakano.jp/

■公式ページ|姿勢治療家仲野孝明
http://takaakinakano.com/

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
治療のご相談はこちら
https://senakano.jp/

 

関連記事

  1. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】椎間板ヘルニア後の継…

  2. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】右股関節の痛み|右頸…

  3. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】腰がギシギシなる(以…

  4. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】ランニング時の左鵞足…

  5. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】首の痛み

  6. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】一年半前から変わらな…

  1. 2020.11.27

    第223回 靴底職人さんに会ってきました。

  2. 2020.11.20

    第222回 快眠のための儀式を持ってみよう!!

  3. 2020.11.13

    第221回 カラダは適度な負荷をかけないとダメです!!

  4. 2020.11.07

    睡眠を改善するために試してほしい3つのこと|姿勢治療家が…

  5. 2020.11.06

    第220回 2分間の姿勢の違いが、ホルモンに変化を与える…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ