「朝起きたらグキッと寝違えて、首が動かなくなった」|姿勢治療家が伝える枕の選び方【睡眠】

姿勢治療家HEAD OFFICE
日本姿勢構造機構 理事
浅川 修一郎です。

「朝起きたら首が痛くて動けなくなっちゃって」
こんなお話をよく伺います。
なんで寝ているだけで首を痛めてしまうんでしょうか?

問題はベットや枕など寝具とカラダの関係にあります。
寝違えは寝ているときに正しいS字カーブが保たれていないことにより起こります。

首の骨(頸椎)は頭から胸までの間に7つあります。

首の骨は前カーブになっているので、仰向けで寝ているときは首と寝ている所との間にスペースが出来ます。
仰向けになり首の後ろにスペースがあるか確認してみましょう。

枕の役割は、ここのスペース埋めて首を支えることにあります。

横向きで寝ているときは頭、首と寝ている所の間のスペースを埋めます。
スペースを埋めることで、背骨は真っすぐの状態が保たれ、首にかかる負担が軽くなります。

寝ている所が柔らかすぎたり
枕が高すぎたり、低すぎたり
首を支えずに頭を支えていたり

寝具を間違って使っていると、正しい背骨のS字カーブが保たれず、カラダに負担がかかります。

姿勢治療家HEAD OFFICEでは
人の骨格に合わせて設計した枕を取り扱っています。

現在お使いの枕に不安がある方は、来院の際にお尋ねください!

 

本ブログからお願い
この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。

関連記事

  1. 本来の正しい前屈チェック

  2. なぜ姿勢なのか?Part3呼吸を改善するには正しい姿勢

  3. 心が硬くなると、体も硬くなる。

  4. 「目の奥がダル重くてツラい…。」|姿勢治療家Ⓡが…

  5. 人間は、原点に立ち戻る必要があります

  6. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】一年半前から変わらな…

  1. 2020.08.07

    第207回 毎日「ありがとう」と直接言っていただける新職…

  2. 2020.08.05

    「反り腰は腰を丸めて治す」は間違いです!|姿勢治療家が伝…

  3. 2020.07.31

    1mを1秒で歩けますか?|姿勢治療家が伝えるカラダの使い…

  4. 2020.07.31

    第206回 姿勢治療家が使いたい、姿勢に良いグッツを!!…

  5. 2020.07.25

    「今回腰を痛めて良かった!!」と言われる、そんなお仕事で…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ