「その日の体調は運任せでした。」姿勢治療家が診療中に患者さんから聞いたお話

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

今回はある患者さんのお話をご紹介します。

30代男性 月1回通院されて8カ月がたった頃でした。

「あの当時は、その日の体調は運任せでした。朝起きて、『今日は良いかも。』『今日ダメだ。』と確認する日々で。本当に。(笑)」
と笑いながら話して下さいました。

大事な仕事の日でも体調がすこぶる悪い日もあり、頭が働かない中なんとか仕事をこなされていたそうです。

現在は「7~8割は体調コントロール出来ている」と仰っていました。

仲野整體東京青山に通院されて8ヵ月で何をチャレンジされてきたかと言うと

①正しい姿勢を保つための環境整備
ノートPCとモニターのデュアルディスプレイで行っていましたが、ノートPCが主になっていたので、モニターを主に使うように切り替え。
会社にあるスタンディングデスクを使用する
ベッドが柔らかすぎたので、硬めのものに変える

②1日の中にカラダを動かす時間を作っている
カラダをリセットする為に朝夜ストレッチをしている
仕事終わりにジムに行って30~40分HIITトレーニング

*元々ストレッチはされていましたが、成果が出ずに止めてしまうことが度々あったそうです。
ストレッチをするにも、トレーニングをするにも自分のカラダに合った方法でなければ、成果をあげることは出来ません。
カラダの構造知り、適切に動かすことで、より動かしやすいカラダに近づきます。
姿勢治療家はその方に合った方法を一緒に探っていくのが得意です^^

 

”体調を良くしたい。幼少期から姿勢が悪く、猫背も治したい。”との思いが強く、診療中はこちらが伝えた細かな情報までスマホでメモをとられていました。
1ヶ月の内の接触頻度こそ少ないものの、本気で姿勢に取り組まれていた姿には毎回感動でした^^

日常のカラダの使い方は、仕事や競技のパフォーマンスに多分に影響を与えます。
「なんとなくパフォーマンスが安定しないな」
「伸び悩んでいるな」
と言う方は、日常生活に”姿勢”の考え方から導入してみましょう!!

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 【簡単解説】疲れない首肩の使い方 デスクワーク編

  2. 「反り腰は腰を丸めて治す」は間違いです!|姿勢治療家が伝える…

  3. パソコンをしている時のキーボードの位置どうしてますか??|姿…

  4. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】左膝の痛み、右肘骨折…

  5. 別海アイスマラソン~氷対策~

  6. 姿勢治療家の関節可動域はこんな感じでした^^【2021年1月…

  1. 2024.07.19

    第414回 今、痛みもなく元気な私は、仲野先生のところに…

  2. 2024.07.12

    第413回 姿勢治療で蘇る人生『49歳女性のフルマラソン…

  3. 2024.07.05

    第412回 気づいたら肩がきゅっと上がってしまいます。

  4. 2024.06.28

    第411回 姿勢セミナー、リアル版復活します!!イベント…

  5. 2024.06.21

    第410回 42kmが今まで最長の50代の患者さん、重さ…

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ