本来の正しい前屈チェック

姿勢が変わると人生が変わる

14回 体の車検③【前屈】 本来の正しい前屈チェック 

みなさんは、立ったまま、床に手をつけることができますか?

いわゆる、<前屈>テストですね。

 

この時、膝を曲げてはいけません。

背中や腰は丸めません。

●正しい前屈は

<脚の付け根、つまり股関節から骨盤を前に曲げて>

行います。

 

背中から腰にかけての柔軟性だけで行う前屈は、間違い。

脚の付け根から体が折れ曲がったような形、をイメージしましょう。

股関節から前へ倒してゆく感覚ですね。

 

理想の前屈ができるか否かは、

“腰に負担をかけていないか”のチェックになります。

 

前屈が苦手な人というのは、

膝の後ろからお尻の部分にかけての筋肉(ハムストリングス)が硬いことが多いです。

その原因を生み出したのは、現代社会における『座っている時間の長さ』。

 

腰を丸くして、椅子に浅く腰掛け、

腰と背もたれの間に隙間ができるような座り方では、

骨盤が後ろに寝てしまいます。

 

このように日々の座り方が間違っていると、

腰に痛みを引き起こします。

筋肉が癒着してしまい、ハムストリングスを伸びづらくします。

 

正しい座り方はこうです。

    椅子に深く座る

    座骨(お尻の下に手を入れた時、触れる左右1つずつのでっぱり)を意識する

    これが座面に刺さるような状態を作る

    背伸びをするような上半身姿勢をキープ

 

一番のコツは

  座骨を意識して座る

これだけです。

 

おなかにテンションがかかっている状態であれば、正しく座れています。

全員がこの座り方をマスターすれば、現代人の肩こりと腰痛はなくなりますよ。

 

【ポイント】

股関節から骨盤を前に曲げる、正しい前屈。

これができる人は、骨盤を立てて座りやすいのです。

つまり、腰を痛めにくい使い方ができている人なのだとわかりますね!

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第14回目エピソードを再編集したものです)

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 体のアライメントを数秒で整える最高の方法

  2. 出産後の骨盤のゆがみや体の不調

  3. 前屈は、コマネチラインから

  4. 筋トレをされている方要注意! 筋肉と骨が正しい位置で出来てい…

  5. 構造:骨と筋肉が姿勢をつくる

  6. 体には使用期限があります!!

  1. 2019.02.15

    第130回 良かれと思ってするランニング、膝や足首が痛く…

  2. 2019.02.08

    第129回 痛風になってしまいました。。。

  3. 2019.02.01

    第128回 日常生活活動テスト|体力は年々2%づつ下がり…

  4. 2019.01.25

    第127回 腹圧性尿失禁に悩まされています

  5. 2019.01.22

    【臨床レポート】右脚全体の痛み 腰痛

  1. 2017.09.13

    『一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座』開催してます!…

  2. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』