【臨床レポート】首の痛み

32才 弁護士
子供の頃からある肩こり

デスクワークになり更にきつくなっている
NewYorkにて仕事中に仲野ニューヨークにて通院後、帰国来院。

・子供の頃から肩が凝っている。
・姿勢は昔からよくない。
・カイロプラクティックの治療なども受けていた。

<医療機関での検査>
総合病院整形外科での診断
レントゲン問題なし。
やや椎間の狭さが見られるとのこと。
頚椎捻挫 経過観察中

【姿勢治療家の初診 7月28日】

職業を詳しくお聞きいたします。

・机に座っているのが長いと足を机に上げて考える時あり。
・職場の机(個室)で寝落ちしてしまうことがある。
・会食の後も、職場に戻り続きの仕事をこなす。
・タクシー多い
・海外勤務時代の体調
・年間での体調の変化
・家族環境や生活環境等
・現在の運動歴や過去の運動歴
・首のつらさは、中学生時代からある。
・視力が低下が進んできているが、レーシックはしたくない。
・5年前からゴルフを始めるがなかなかできない。

<全身の検査>
全身の検査をしていくとさまざな特徴がわかってきます。
問題があった一部をあげると。。

<頸部>
首を下に向ける 痛み 首の付根
天井を向く動作 40度/90度 首の付根
右に側屈 動作制限と痛み
右回旋 60度/90度 左回旋 70度/90度 どちらも痛み

<腰部>
後屈の動作にて、首の痛み

<下肢>
右足 挙上 60度/90度
左足 挙上 60度/90度
股関節の抱え込み ともに左右低下

<足関節>
屈曲制限著名  15度/30度  大幅な可動範囲低下あり・
両足とも扁平足あり。
外反母趾ではないものの、アーチの低下あり。

<肩関節>
左右ともに上に上げる動作 挙上制限あり
170度/180度

<結果>通院 21回

半年の中で、正しい姿勢、疲れない姿勢が身につく。
しかし、仕事量が多く、海外との対応があると
生活時間にもばらつきがでるため
現在も海外出張や、仕事量に応じて
2〜3週間のペースで来院。

いい状態を保つための通院で、その時の課題の応じて
次回までのセルフメンテ方法と運動のアドバイス、睡眠のアドバイスなど
健康の6ヘルスメソッドからサポート継続中。

集中治療期間 :18回
可動範囲改善期間:3回その後継続中

<症状と経過>
集中治療期間

7/28 長期的な目標としての目指すべきゴールを設定する。運動習慣をつくる等。
8/7  ポジションにより、手のシビレあり。首との関連性を伝える。
8/21 寝具の改善により、起床時も良好に感じるとのこと。
8/28 日常が革靴のため、自宅での改善策としてのメンテナンスを指導する。
9/4 引越しのため少し腰の痛みがでるものの、持ち方を指導し改善。
9/11 首の詰まる感じが出現しにくくなってきているが。週末には。。。
9/18 首の付け根部分の筋肉(後頭直筋等)が肥大しているため、日常生活でのポイントを伝える。
10/3 座り方に特に気をつけている生活に慣れてきた。
10/16 仕事が朝から夜まで長くなると、うたた寝をしてしまい悪化する。
11/20 首の重さは、かなり軽減してきている
12/11 タクシーを減らし、行きは会社まで歩くようにしている。
12/25 初診時よりはかなり痛みは軽減しているものの、まだ制限有り。
1/8 年末年始は海外のため、温かく調子よかった。
1/22 ゴルフのレッスンで腰が回りやすくなってきた。
1/30 ゴルフでの調子が良くなり嬉しい。
2/5 首の回旋OK 違和感もなくなり快適になる。
2/11 仕事が楽な時は、特にきにならない。
2/19 右肩甲骨の動きが良くなってきて、腕を振りやすくなってきた。

関節可動域改善期間
2/26 走ると日中に眠くなってしまう。1週間に2回はうたた寝をしてしまう。。。
3/12 超多忙。AM3:00まで仕事が続く。。。ためどうしても不調に。
3/26 花粉症もあり、体が辛い時が多かった。

【臨床を振り返ってみて、姿勢治療家(R)としての感想】
クライアントさんは、ニューヨークで仕事で滞在中に
私の弟のOfficeにご縁がありました。

帰国後、しばらくして来院されました。
年間の海外出張も多く、平日の勤務時間などは、
生活習慣を指導するアドバイスする立場ながら
ここまで、忙しくてもいいのかと感じることも多々あります。

本当に大切な健康への考え方を
経験から、どのようなに解釈するとよいか?
将来のために、”今”ご自身のパフォーマンスを引き出すために
やるべきことやメンテナンス方法をお伝えさせていただき治療します。

何万人もの方々を拝見して経過をみてくると
本当に1人1人が
違うことを学ばせていただきます。

初診でお会いしてから、すでに8年ほどサポートさせて
頂いてますが、
『非常に良い状態で毎年過ごさせて頂いている』と嬉しい
言葉を頂きます。

姿勢が変わると、仕事の効率が変わる。
効率が変わると、業績が変わる。

そんな視点から
姿勢が変わると、世界が変わる!
と本気で思っていますが、今回のような一例も

一度かぎりの人生を、いい仕事をしていきたい。
そんなサポート方へのサポートは、姿勢治療家冥利に尽きます。

体を見直す時間は、人生を見直す時間である。
姿勢が変わると、人生が変わる。

姿勢治療家(R)仲野孝明

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

関連記事

  1. 柔軟な足首を手に入れる最強のストレッチ

  2. 姿勢治療家(R)が考える突発性難聴について

  3. かくれ猫背タイプ

  4. 寒い時期、痛みが出る人は体と会話をするチャンスです!!

  5. 脳からの伝達どおりに動ける体をキープしましょう!!

  6. 肩こり首こりを激減させる姿勢

  1. 2018.05.25

    【お知らせ】番組サーバー移設変更にともない

  2. 2018.05.16

    腱板損傷と言われました、どうしたら良いでしょうか?

  3. 2018.05.15

    自分の体をセルフケアする技術がなければ、人生100年時代…

  4. 2018.05.11

    【臨床レポート】椎間板ヘルニア後の継続する腰部不安感

  5. 2018.05.06

    【臨床レポート】首の痛み

  1. 2017.09.13

    『一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座』開催してます!…

  2. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』