【治すだけが目的ではない:臨床レポート】首のこり 痛み、腰の痛み

36歳 男性 会社役員
3年以上前から首の痛みがあり。
1年前から腰の痛みあり。

以前からあった腰の痛みが1~2週前から
常にズシッと重い感じが強くなり来院。

【初診 5月10日】

職業や、日常生活などを伺っていきます。

・デスクワーク(座位) 8:00~21:00まで
・ノートPCがメインで仕事をしている
・最近ノートPCを買い替えて新しくした
・就寝時間:23:00~6:30
・睡眠はとれている実感がなく、朝起きるのが辛い
・枕を良いものを探して、今まで5回買い替えている
・やわらかいマットレスを使っている
・タバコ10本/日 20歳のときから

更に、困っている事を伺っていくと様々な問題が出てきました。

・頚が痛い
・頭が痛くて目が覚める
・目がかすむ
・腰が痛い

≪全身の検査≫

〈首・頸部〉
頚後屈(上を向く動作) 頭と首の付け根に痛み
頚右回旋(右を向く動作)50度/90度
頚左回旋(左を向く動作)60度/90度

〈下肢〉
SLR(仰向けに寝た状態で足を上げてきます) 右40度/90度
左30度/90度

〈腰部〉
後屈(立った状態で上半身を後ろに反らす動作) 腰椎3~5番辺りに痛み

〈からだの使い方〉
一日の中で大きな割合を占めている『からだの使い方Ⓡ』を伺っていきます。

① 睡眠時のからだのポジション
寝具は柔らかいマットレス、厚さが高い枕を使われていました。マットレスが柔らかいことで身体が沈み込み、枕とのギャップが生まれ、脊柱が人間本来の正しいS字カーブではなくなってしまっていたようです。
正しい頚のポジションではなかったため、睡眠が浅く、朝起きることが辛くなっていたことが考えられます。

② 仕事中のポジション
朝8時~夜9時までと一日の半分以上を費やしているお仕事中の姿勢は、
正しい姿勢で座った時の胸の高さにノートPCのモニター上部が来ていて
頚がしな垂れた状態になっていました。
175cmのからだに合わないパソコンの位置になっていたので
目線を合わせるために腰、背中、首を曲げ無理な姿勢で毎日作業されていました。

睡眠時も、起床時も、正しい姿勢で過ごせる時間を増やしていくことが課題です!

≪結果≫通院全11回

9月18日 本日より立って仕事をする。スタンディングデスクを検討
新規事業の立ち上げの為、毎日多忙だとの事。

痛みがなくなったので
痛み改善のための集中治療を終了し、より体を使いやすくするメンテナンスのための通院に移行。

集中治療期間:4回
可動範囲改善期間:3回
パフォーマンス向上期間:4回

集中治療期間
からだの痛みや不調の原因になっている筋骨格の治療をしていきます。

5/10 1日の半分以上を過ごしている職場での座り方の修正
5/12 頚後屈時に後頭部、頸椎6,7番辺り気になる
5/23 3年前からの首の痛みが、8~9割良好 腰少し重いくらい
セルフストレッチ(院内指導宿題)が1回/日を毎日できている
6/5 腰伸びにくい気がする

可動範囲改善期間
正しい姿勢をとる為に邪魔している部位の治療をしていきます

6/14 頚は気になっていない
座っている時間が長いので、姿勢をリセットするために「1時間に1回立つ」ことをお勧め
6/26 ストレッチが出来るものと苦手なものがある
7/10 「体重軽いのは体調に関係ありますか?ここに通い始めて下痢が改善してきてるんですけど、昔からお腹を下しやすくて、食べる量も減らしてしまうんです。」とご質問があったので、背骨と内臓の関係性をお伝えしました。

関連記事

  1. 体育座りは、今すぐ止めなさい!!

  2. 猫背が治ると、日本の歴史が変わる

  3. 体が均等に左右動いているかチェック

  4. 扁平骨盤、そり腰、将来の出産対策は?

  5. 柔軟な足首を手に入れる最強のストレッチ

  6. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】椎間板ヘルニア後の継…

  1. 2020.04.03

    【治すだけが目的ではない:臨床レポート】左臀部の坐骨神経…

  2. 2020.04.03

    第189回 今すぐリモートワークでのカラダが疲れない環境…

  3. 2020.03.31

    鼻呼吸してますか?|姿勢治療家が伝える免疫力を高めるため…

  4. 2020.03.27

    第188回 免疫力を上げる6つの方法

  5. 2020.03.20

    第187回 妊娠中でもできる体操や、日常の姿勢で気を付け…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ