”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【足編】|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回は膝から下の怪我の予防方法です^^

「あの時、こんな怪我さえしていなければ、もっと良い成績残せたのに…」

タラレバを言ったら切りがないですが
こんなことを考えてしまうランナーやアスリートの方は多いでしょう。

かく言う私もその一人。

今振り返ると、姿勢が悪く、動きづらい関節を作り上げていた自分のせいでした(笑)

 

怪我はどうして起こるのか?
物凄く端折ってお伝えすると”使い過ぎ”です。

日々のカラダの使い方によって、カラダには得意な使い方と苦手な使い方が出てきます。
得意な使い方とは、毎日のように繰り返し行っている動作です。
筋肉や筋膜、靭帯と言った軟部組織は、過度に繰り返し使うことで、小さな傷を重ねて、硬くなり、弾性を失います。
そうして負荷がカラダの許容範囲を超えると、怪我として表面化します。

未来の怪我を見つけるには、自分の得意なカラダの使い方を見つけ、”使い過ぎ”を防ぎ、ケアすることがポイントです^^

まずは【足編】から行きましょう!!

①正しい立ち方で立ちます

②両足で立ち、片足に体重がかかるように立ちます(左右交互に行う)

③②を何度か繰り返し行い、左右どちらが行いやすいか確認します

④手で足を握手するように握り、足を動かします
参照動画https://youtu.be/v6m6XqaTLuU

 

いかがでしたか?

片足に体重がかかるように立った時、やり易い足は見つかりましたか?

体重をかけやすい足を動かすと、より硬さがありませんか?

その状態が”使い過ぎ”です。

将来の怪我を見つけたらケアをしていきましょう!!

足のケアをこちらの解剖学を参考にして下さい^^

 

 

 

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. ストレートネック・肩こり:日々の生活環境から見直しましょう

  2. 正しい立ち方について

  3. リモートワーク始めてから1ヶ月経って腰が痛い|姿勢治療家®が…

  4. 別海アイスマラソン~寒さ対策 下半身編~

  5. なかなか腹筋がつきません…特に下っ腹が…。|姿勢治療家が伝え…

  6. 世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ:仲野広倫著

  1. 2024.04.19

    第401回 睡眠時間6時間未満の死亡率は51.1%、今日…

  2. 2024.04.12

    第400回 当初無理だと思っていたフルマラソン3時間20…

  3. 2024.04.05

    第399回 お尻の穴を下に向けて、骨をイメージしながら身…

  4. 2024.03.29

    第398回 私におこった驚くべき足裏アーチの変化

  5. 2024.03.22

    第397回 これは困った、ギックリ腰なりたての対処法

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ