パキパキなる股関節は正しい姿勢が取りづらい??|姿勢治療家が股関節の可動域を大切にしている理由【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回のテーマは”股関節”です。

「股関節を触ってみて下さい!」と言われて
すぐに見つけることは出来ますか??

股関節の見つけ方は

①カラダの側面から骨盤を触る
②骨盤から下に手をずらし、太ももの出っ張ってる骨(大腿骨の大転子)を触る
③片脚を前に出し、つま先をあげてかかとをつける
④かかとを支点に左右につま先を動かす

コロコロと動く感覚があれば、そこが股関節です!

コロコロと動く感覚はスムーズですか?ぎこちないですか?パキパキなりますか?
実は、その股関節の動きがあなたの姿勢に関係しています。

 

「『背中が丸まってるよ』って言われるんです。」
「なんだか反り腰になっている気がして…。」

これらの言葉はそれぞれ背骨の状態を表しています。

背中が丸まっている→胸椎が過後弯している
反り腰→腰椎が過前弯している

このような背骨の状態を作り出しているのが骨盤です。

背骨は骨盤の上に乗っています。
言わば、骨盤は背骨の土台です。

土台である骨盤の傾きによって、背骨の位置は決まります。

例えば、反り腰の場合
立位時の骨盤の前への傾きが強い為、腰椎は前へと傾きます。
そこから上半身を起こす為に腰椎の前カーブが過度になります。

 

ではでは、骨盤の傾きを決めているのはなんでしょうか??

それが股関節です。
股関節は、骨盤と大腿骨(ももの骨)を繋ぐ関節です。

大雑把に言うと
股関節の前側が短縮していれば、骨盤は前傾し
股関節の後ろ側が短縮していれば、骨盤は後傾します。

一般に言われている”骨盤の歪み”は、左右の股関節の動き方の違いから出現します。

 

可動域の低下した股関節は、骨盤を正しい位置に保つことが難しくなります。
”パキパキ”と音が鳴りだしているのは、股関節の可動域が低下しているサインです。

おへそより下のお腹の力が入りにくくなっていませんか??
骨盤が正しい位置で使えていないサインです。

「なんだか姿勢が悪くなっている」と感じていませんか??

 

そろそろカラダを見直す時期かもしれませんね^^

ご自分で学びたい方は
https://shiseikk.jp/seminar/

姿勢治療家にチェックして欲しい方は
https://senakano.jp/step/

関連記事

  1. 自分の体をセルフケアする技術がなければ、人生100年時代には…

  2. 「足を反対側の膝に乗せると踝(くるぶし)が当たるところが痛い…

  3. 体重は変わらないのに、お腹がでてきた!!は、姿勢悪化の危険な…

  4. 「反り腰は腰を丸めて治す」は間違いです!|姿勢治療家が伝える…

  5. 女性特有の体の不調と姿勢

  6. ”壊れるカラダの使い方”から生まれた”正しいカラダの使い方”…

  1. 2021.07.30

    「歩くだけで足パンパン!!」そんなあなたの歩き方は間違っ…

  2. 2021.07.30

    第258回 今年の姿勢治療家的トレランTシャツはこれに…

  3. 2021.07.23

    第257回 自粛生活の結果、血液検査結果が悪化した人が…

  4. 2021.07.16

    第256回 79歳のお母様の体力が心配な娘さんへ、姿勢…

  5. 2021.07.14

    パキパキなる股関節は正しい姿勢が取りづらい??|姿勢治療…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ