ストレッチは劣化したゴムを回復させる大切な運動|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【運動】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回のテーマはストレッチです。

駅伝、高校サッカー、ラグビーなど
年末年始、テレビで多くのスポーツを見て、「今年は私も走ろう!!」と決意された方も多いのではないでしょうか?

とってもいい決意ですね^^
とてもいい決意ですが、急に走り出す前に動きづらい箇所を見つけてストレッチしておきましょう!

 

筋肉や靭帯、筋膜、脂肪組織などの軟部組織は、ゴムのような伸び縮みする性質(弾性)を持っています。

例えば筋肉は、伸縮することで関節を動かす力を発揮します。

しかし、軟部組織は使い過ぎたり、使わな過ぎたりすると弾性が低下していきます。

日常的に座りすぎていたり、同じ姿勢で過ごしている方は、「身体が固まったなぁ~。」と感じることがあると思います。
長時間歩いていて、「足がパンパンだなぁ」と感じることがあると思います。

それが軟部組織の弾性が低下してしまった状態です。

弾性が低下した軟部組織は、劣化しているゴムに似ています。
ゴムが劣化していると、伸び縮みしづらく、引っ張った時に切れそうになることはイメージしやすいと思います。

軟部組織の弾性が低下している状態(例。筋肉が硬くなっている)では、そのまま運動をすると怪我のリスクが高まります。

そこでストレッチが大切になってきます。

身体はゴムと異なり、ストレッチをすることで弾性を取り戻すことが出来ます。

軟部組織の弾性を取り戻すことで「せっかく運動始めたのに、怪我しちゃった。。。」なんて状況を避けることが出来ます。

運動習慣を身につけるには、怪我をしないことも大切です。

 

まずは姿勢壁テストをして、身体の硬くなっている所を知りましょう!
こちらのブログを参考にして下さい^^
https://senakano.jp/asakawa-kokkaku1/

 

 

 

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 足が冷えます・・・|姿勢治療家の解剖学で足の不調の原因を学び…

  2. ゴルフのスイングで手を使いすぎてしまうんです|姿勢治療家が伝…

  3. 別海アイスマラソン~補給対策~

  4. 「膝の痛みなくフルマラソンを走れたよ!」|姿勢治療家®が伝え…

  5. ”腰が疲れる””首が痛い”は使い過ぎのサイン|姿勢治療家の解…

  6. 走っていて脚が流れるんです|姿勢治療家がランニングを骨格から…

  1. 2024.06.21

    第410回 42kmが今まで最長の50代の患者さん、重さ…

  2. 2024.06.14

    第409回 60代男性、ジョギング中の心拍データから見つ…

  3. 2024.06.07

    第408回「首が硬いなぁ」と思ったらぶら下がりが意外と有…

  4. 2024.05.31

    第407回 古武術の本を読んでいたのに、気づいたらチーズ…

  5. 2024.05.24

    第406回 メカニックのための手と腕の疲労軽減ガイド

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ