階段上りで足が疲れる人。疲れない人.|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【運動】【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

診療で「腰の痛みが出なくなったんで、30階まで階段を上ってみました!」と驚きの報告して頂いたので、今回のテーマは階段です。

 

足の悩みが出てくる日常動作が階段です。

「階段って、すぐに足疲れちゃうんだよね。」
「ふくらはぎパンパンになっちゃう。」
「脛の前が攣りそうになるんです。」
など。

これらの悩みは、階段の踏み面にどのように足を置いているかで現れてきます。

①膝から下に負荷がかかる足の着き方

前足部または中足部までを踏み面に乗せています。
上る時に下腿(ふくらはぎなど)の出力が高くなり、足を使いすぎてしまいます。

 

②膝から下に負荷のかからない足の着き方(股関節を使う上り方)

前足部から後足部まで、足全体を踏み面に乗せています。
上る時に股関節周囲(殿筋など)の出力が高くなり、足を使いすぎることがありません。

実際に試してみましょう^^
わずか数センチの違いですが、カラダの使っている部位が全く違うことが分かると思います。

姿勢治療家としては、踏み面に足全体を乗せる上り方がおススメです。
殿筋を使える階段の上り方が出来ると、足が疲れにくくなるだけでなく、正しい座り方がより実践しやすくなりますよ!!

足が疲れやすい方は、まず階段での足の置き方を気をつけてみましょう。

慣れてきたら、段数を増やしてトレーニングするのもおススメです^^

階段での膝の痛みなどが気になったら、こちらのブログをお読み下さい。

山登り行く前に、ちょっと階段トレーニングしましょ^^|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

 

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 体の使い方が上手な人のモデリングがおススメ!!

  2. 「その日の体調は運任せでした。」姿勢治療家が診療中に患者さん…

  3. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】左臀部の坐骨神経痛 …

  4. 練習時間が取れないランナーのための最短でフルマラソンを完走す…

  5. PPKと言えば!? 介護、自分は大丈夫だと思っていませんか?…

  6. ”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【足編…

  1. 2024.02.23

    第393回 姿勢力が高まる本『愛に生きる 才能は生まれつ…

  2. 2024.02.21

    疲れない足の使い方 【階段編】

  3. 2024.02.16

    第392回 ランニングシューズと寿命とその重要性

  4. 2024.02.14

    慢性的な睡眠不足を変えるには?

  5. 2024.02.09

    第391回 競技前ルーティン:フットサル怪我予防

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ