かくれ猫背タイプ

姿勢が変わると人生が変わる

19回 : かくれ猫背タイプ 

残念なことに、まだ世の中の常識までにはなっていませんが、

姿勢の悪さが体のあらゆる部分に悪影響を及ぼすことは

確かです。 

なぜって

姿勢が悪いと、脳からの神経伝達がうまくいかないから。

 

意識せずとも胃や腸などの内臓器がきちんと働いてくれるのは、

脳のコントロールによるものです。

足の裏の感覚も、脳が認識しています。

その回路は、背骨の中にあります。

脊髄と呼ばれる神経の束で、脳から各部へつながっています。

 

悪しき姿勢によって背骨が曲がる = 脊髄が圧迫される

これでは、指示が100%の状態で伝わらなくなってしまいますよね。

「背中が曲がっていてカッコ悪い」といった見た目だけではなく、

内部への影響も大いにあるのだ、とイメージしてみてください。

ふまえて、体の使い方から直していきましょう。

 

このたびのテーマ <かくれ猫背タイプ>は、

パッと見の姿勢はいいのですが、首だけが前に曲がっているのが特徴です。

よくない姿勢3タイプの中では少数派。

 

●原因

スマホ(スマートフォン)を見る、本を読むなど

下を向いて低い位置のものを見ることが多い人がなりがち。

長時間のこの姿勢が、首に負担をかけているのです。

ノートパソコンのヘビーユーザーも注意が必要でしょう。

 

●症状

さわると首のカーブがなだらかではなく、ポコッと盛り上がっていたりします。

肩や首のこりに悩まされ、ひどくなると首のヘルニアになることも。

「急激に視力が落ちた」との訴えも聞きます。

 

●対策

壁に背中をつけた時、

“かかと・おしり・背中の肩甲骨・頭”がピタッとつきますか?

この正しい立ち方をひんぱんに確認しましょう。

会社のエレベーター内で必ずチェック、などの工夫を!

 

【ポイント】

「猫背ですね」と言われることはないけれど、

実は首が曲がっている <かくれ猫背タイプ>。

頭の位置、首の角度に日々気を付けてほしい。

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第19回目エピソードを再編集したものです)

 


本ブログからお願い
この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■twitter|勢治療家仲野孝明公式
https://twitter.com/sisei_nakano

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中
https://www.youtube.com/user/nakanoseitai

■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中。
http://takaakinakano.com/mail-register/

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構
https://shiseikk.jp/seminar/

■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売
自分が使いたい商品をつくっちゃいました
https://shop.senakano.jp/

■公式ページ|姿勢治療家仲野孝明
http://takaakinakano.com/

 

 

 

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 体が均等に左右動いているかチェック

  2. 体温は健康指標!! 低体温により免疫や代謝が下がる!!

  3. 姿勢力を高めるおススメ本ご紹介

  4. 寒い時期、痛みが出る人は体と会話をするチャンスです!!

  5. 腱板損傷と言われました、どうしたら良いでしょうか?

  6. すぐできる老化対策、四十肩・五十肩はここからチェック

  1. 2020.05.29

    第197回 最近環境の変化で、イライラがとまりません。

  2. 2020.05.27

    もう少し長く走ってみたいなら、鼻呼吸ランニングを!|姿勢…

  3. 2020.05.26

    走れるようになる為には、走らない!|姿勢治療家が伝えるカ…

  4. 2020.05.23

    【治すだけが目的ではない:臨床レポート】3か月前から左脇…

  5. 2020.05.22

    第196回 姿を変えると、勢いが変わるのが「姿勢」

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ