本当に良い寝具はカラダが教えてくれる!|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【睡眠】

姿勢治療家HEAD OFFICE
日本姿勢構造機構 理事
浅川 修一郎です。

姿勢治療家が考える良い寝具の条件は1つです。

”朝起きた時、寝る前よりも調子が良い”

子供の頃を思い出してください。
沢山遊んで疲れて帰ってきたけど、寝たら翌日には元気!!

これが本来の睡眠の機能です。

当たり前のようですが、睡眠はカラダを回復させる機能です。
しかし大人になり、こんなに素晴らしい機能を活用できていない方が大勢います。

最近お会いした30代のクライアントさんの例をご紹介しましょう。

その方の朝起きた時の感覚は…

「俺・・・本当に寝たのかな??」

自分が寝たかどうかに疑問をもっていました。
こんな感覚になっている時は睡眠の機能がかなり低下しています。

どんな寝具で寝ているか伺うと…

・寝具はソファベッド
・寝ている時にカラダが沈み込むほど柔らかい

寝ている時に背骨の正しいS字カーブを崩すような寝具を使われていました。
寝返りを無理矢理打とうとする時に手足の痺れが増悪することもあったそうです。

逆にこんな素晴らしい体験もしていました。

「ヨガマットに寝てしまった時の方が普段よりよく眠れた」

フローリングにヨガマットを敷いたところで昼寝をしたそうですが、昼寝から起きた後に快眠感とカラダが楽になっている感覚があったそうです。

なぜこのような事が起こったのでしょうか?
ポイントはカラダが伸びるような硬いところに寝ていたという事です!

柔らかい寝具は良さそうに思えますが、寝返りが打ちづらく、背骨がグニャっと丸まった姿勢で固まってしまいます。
一方、硬い寝具は、寝返りが打ちやすく、背骨を伸ばすことが出来ます。

今の寝具が正しいのか間違っているのか、”朝のカラダ”に聞いてみて下さい!
「間違っているかも?」と感じたら来院時にお尋ねください^^

本ブログからお願い
この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。

関連記事

  1. 7歳で側弯症と言われたら……

  2. 腱板損傷と言われました、どうしたら良いでしょうか?

  3. かくれ猫背タイプ

  4. 自転車に乗っていると5分くらいで股関節が痛くなります|姿勢治…

  5. 「反り腰は腰を丸めて治す」は間違いです!|姿勢治療家が伝える…

  6. 健康に大切な6つの要素とは

  1. 2022.07.01

    第306回 時には、足指・足裏を観察してみましょう!

  2. 2022.06.24

    第305回 [姿勢治療家マイブーム]山田陽介選手に教えて…

  3. 2022.06.18

    《クイズ9》何を解説しているでしょうか??|姿勢治療家が…

  4. 2022.06.17

    第304回 走ると腰が痛くなる人、私たち現代人が鍛えた方…

  5. 2022.06.10

    第303回 元々体育3!UTMF目標完走!レース中失敗し…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ