第130回 良かれと思ってするランニング、膝や足首が痛くなります。

山形県のリスナーさんから頂きましたご質問にお答えいたします。

<質問>

52才 男性 身長170センチ 体重64キロ 体脂肪率14%

26才の時に不摂生から痛風になりました。当初は生活習慣をあらためず、薬もまじめに飲まなかったので、時々発作が起きていました。
7~8年前に一念発起して、医師の指示どおり軽い運動をしようと、ウォーキングを始めました。徐々にジョギングとなり、去年ハーフマラソンを完走するまでになりました。薬をきちんと飲んでいる事もあり、現在は発作は起きてません。

ご相談は膝の痛みの事です。
持久力をつける為に長い距離をゆっくり走る、いわゆるLSDをすると、膝や時には足首が痛くなる事があります。
私は少しO脚気味で足を揃えても両膝の間に指2?3本くらいの隙間が空いています。そして走ると、後ろに蹴り上げた足の爪先が外に開いてしまいます。特に右足の開きが強く、痛くなるのも右足です。最近では、痛みを避けるために、長い距離を走る時は、膝の負担が少ないオフロードを走るようにしています。

そもそも身体に良かれと始めたランニングなのですが、将来自分が年を重ねた時に、ランニングが原因で足を引きずって歩いたり、杖をついて歩く事になったりするのではないかと怖くなります。このまま、だましだましランニングを続けるのか、負荷の小さいウォーキングや自転車にした方がいいのか考えています。
希望としては、地元で行われている42キロのトレイルランニングのレース出たいのですが、躊躇しています。
はたしてO脚やランニングフォームは修正できるのでしょうか?御指南ください。

ラジオ内で回答させていただきました。
少しでもご視聴された方のお役にたてれば幸いです。

【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

■仲野孝明講演/セミナー情報■
https://senakano.jp/campaign/

■仲野孝明書籍/メディア■
https://senakano.jp/media/

■仲野孝明メルマガ登録(無料)■
http://takaakinakano.com/mail-register/

■仲野孝明公式ホームページ■
【役立つ情報発信しております】
http://takaakinakano.com/

 

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 第126回 スタンディングデスクの購入を考えている方へ

  2. 第64回 姿勢力が高まるおススメグッズ紹介

  3. 第121回 1日の血糖値の変化を測ってみました

  4. 第89回 姿勢治療家(R)が考える突発性難聴について

  5. 第5回 運動:姿勢が変わると、運動が楽しめる体になる

  6. 第53回 正しい姿勢をうみだす重要な二つの要素

  1. 2020.02.29

    なぜ姿勢なのか?Part1 背骨は脊髄(神経の束)を守る…

  2. 2020.02.28

    第184回 あべこべの筋肉でカラダが使いにくくなってませ…

  3. 2020.02.21

    第183回 冬ランニングでの必須アイテム

  4. 2020.02.19

    なだらかな下りが続くクロスカントリースキーは最高です!

  5. 2020.02.19

    初ブログ 姿勢が悪くなると滑れないスキー

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ