《クイズ9》何を解説しているでしょうか??|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

本日はクイズ第9問です!

何を解説しているでしょうか??

 

 

正解は…

「腰の関節の動く範囲は小さく、筋肉も小さいので、姿勢を正す時に腰を意識すると疲れてしまいますよ~」と解説しています。

正しい座り方を実践する時は下記の順番です。

①足の位置
②骨盤の傾き
③背伸び

 

①足の位置
膝の間は骨盤幅よりも広げ(拳2~3つ分)、膝の真下に踵を置きます。
大腿骨と脛骨の角度は90度です。

②骨盤の傾き
骨盤の坐骨が座面に当たるように、一度骨盤を後傾してから、前傾位に起こします。
この時写真のように、腰ではなく骨盤を動かしましょう。

③背伸び
最後は背伸びを、今出来る一番いい状態に伸ばしましょう。

動画で正しい座り方を学びたい方はこちらをチェックしてください^^
↓↓↓
姿勢治療家®暮らしの解剖学

\ 脳に刷り込む / 一生「疲れない」姿勢のつくり方

関連記事

  1. 現代人は足裏3点のアーチが崩れてきています!!

  2. 「首は身体と頭を繋ぐ血液の通り道!」ということを意識しましょ…

  3. 「目の奥がダル重くてツラい…。」|姿勢治療家Ⓡが…

  4. 姿勢治療家(R)が考える突発性難聴について

  5. 体温は健康指標!! 低体温により免疫や代謝が下がる!!

  6. 姿勢力を高めるおススメ本ご紹介

  1. 2022.07.01

    第306回 時には、足指・足裏を観察してみましょう!

  2. 2022.06.24

    第305回 [姿勢治療家マイブーム]山田陽介選手に教えて…

  3. 2022.06.18

    《クイズ9》何を解説しているでしょうか??|姿勢治療家が…

  4. 2022.06.17

    第304回 走ると腰が痛くなる人、私たち現代人が鍛えた方…

  5. 2022.06.10

    第303回 元々体育3!UTMF目標完走!レース中失敗し…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ