呼吸:猫背は、すえる息の量を減少させる

姿勢が変わると人生が変わる

第6回 呼吸 : 猫背は、すえる息の量を減少させる

姿勢治療家(R)考える健康メソッド6Health

【構造】【睡眠】【食】【運動】【呼吸】【精神】。
この6Healthの中に『呼吸』が入っているところに、

姿勢治療家(R)らしさが出ていると言われることがあります。

普段、意識はしていませんが、

呼吸は“生きている間、片時も止まることのない”機能です。

ところが不思議なことに、

人間だけはコントロールすることができるんですね!

自分の意志で一瞬止めたり、早さを変えることが可能です。

動物もみな呼吸をしていますが、深呼吸はしません。

 

私たちは、呼吸に意識を向けることで

体をゆるめたり、集中したり、瞑想の状態に入ることができる。

喜怒哀楽、いろいろな感情がある中で、客観的にもなれる。

 

これは僕の中でテーマになっており、

人間だけが持っているこの能力をうまく生かしたい、と思っています。

 

緊張やイライラ、興奮している場面での呼吸は、短く浅く、早い。

そんな時は、深呼吸です。

ゆっくり深く呼吸できているかの意識を持つことで

気持ちをずいぶん落ち着かせることができるのです。

 

また、呼吸のリズムを合わせてみると、相手との会話がかみ合うという話も。

まさに、“息が合う”んですね。

 

  • 正しい姿勢で、呼吸をしやすくしましょう。

 

肋骨の上はほとんどが肺。

猫背になると、胸が狭くなるために、息をすえる量が減ってしまいます。

肺のサイズ感を意識して、めいいっぱいグーーーッと吸ってみて。

 

  • 5秒吸って10秒止めて、15秒かけながらはく

 

時間を決めての作業前などに、この深呼吸を1回やってみてください。

明らかに集中力が高くなるので、効率があがりますよ。

 

【ポイント】

意識的な呼吸使いが、心身の健康の一助となる。

姿勢を正しての深呼吸、ぜひお試しを。

肺まで入ってくる空気の量の違いに驚くかもしれません。

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第6回目エピソードを再編集したものです)


本ブログからお願い
この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■twitter|勢治療家仲野孝明公式
https://twitter.com/sisei_nakano

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中
https://www.youtube.com/user/nakanoseitai

■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中。
http://takaakinakano.com/mail-register/

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構
https://shiseikk.jp/seminar/

■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売
自分が使いたい商品をつくっちゃいました
https://shop.senakano.jp/

■公式ページ|姿勢治療家仲野孝明
http://takaakinakano.com/

 

 

 

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 呼吸が深くなると、60兆個の細胞へ酸素が行きわたる。

  2. もう少し長く走ってみたいなら、鼻呼吸ランニングを!|姿勢治療…

  3. 健康に大切な6つの要素とは

  4. 姿勢力を高める仲野孝明マイブーム“座禅”

  5. 姿勢治療家(R)が考える突発性難聴について

  6. 姿勢力を高めるオススメ本ご紹介

  1. 2022.09.23

    第318回 寝る前のメンテナンスで身体リラックス、おスス…

  2. 2022.09.22

    正座をする時に用心深くなっているのは膝の関節が狭くなって…

  3. 2022.09.16

    第317回 運動は、この時間にした方がおススメという説よ…

  4. 2022.09.09

    第316回 3ヶ月ケト食生活、血液検査結果はいかに!?

  5. 2022.09.08

    食べ物が飲み込みづらくなったのは姿勢が原因??【誤嚥と姿…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ