『寒くない日でも手足が冷えるんです』冷え性対策に正しいカラダの使い方を!|姿勢治療家®が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

仲野整體東京青山
姿勢治療家®HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

#stay home 6 push-ups challengeが回ってきたので、解説を交えながらチャレンジしてみました。
皆さんも是非やってみて下さい!
https://www.youtube.com/watch?v=476MK0FbgLk

今回は「冷え性なんです。寒くない日でも手足だけは冷えていて…。足首まである靴下買ったり、足の裏をマッサージして対策してるんですけど」と20代女性のお話です。

普段から肩こり、首周りの疲れは集中力に影響する気がするからと、3週に1回はマッサージに行くそうですが、「冷えは一生付き合っていくもんだと思っていて(笑)」と少し諦めていて、足のマッサージなどは受けていなかったそうです。

冷え性は解剖・病態で分類してみると分かりやすくなります。

解剖分類すると3パターン。
四肢遠位型 (手足が冷える)
全身型 
腹部などの体感型

更に病態分類は2パターン。
他覚的に冷えが確認できる
他覚的に冷えが確認できない

今回は四肢遠位型、特に足の冷えが強く、ご家族からも「足が冷たいよ」と言われるような、他覚的に冷えを確認できるパターンです。
他の方が触って冷えを確認できる場合は、その部位に血液が行き届いていない状態が考えられます。
足や手、末端までのカラダのどこか硬い組織あり、血液の流れを阻害している可能性があります。

姿勢治療家が考える冷え性の対策は、まずは自分のカラダの把握から始めます!

姿勢壁テストでご自分の姿勢を把握しましょう。

【引用 調子いい!がずっとつづく カラダの使い方|仲野孝明(著) サンクチュアリ出版】

今回の女性は姿勢壁テストはこのような結果でした。
・ふくらはぎが壁に着いてない
・腰と壁のスペースに手のひらが1.5枚分入りそう

足首・脚の後ろ側・股関節が硬いことが分かりました。

実は高校時代に足首を捻挫した経歴があり、その硬さが残っていたようです。
会社通勤などでヒールを履いて歩いている時に足の裏がピンと張ったり、ブチっとなるような症状もあるそうで、足に日常的にトラブルを抱えていました。

冷え性も「足が冷たいなぁ」と漠然と捉えるのではなく、6healthの構造(姿勢)の観点からみることが大切です!

①正しいカラダの使い方「座り方の作法」「デスクワークの作法」を取り入れる
足の末端に繋がる血管は股関節の内側や太腿の後ろ側を通ります。
長時間座っていると股関節や太腿は常に圧迫されており、その周囲の組織が動きづらくなってしまいます。
動きづらくなった組織は血の流れを妨げ、末端まで血液届けられなくなります。
デスクワーク時に正しく座ることや、座る時間を減らすために立ってお仕事をすることが大切です。

②関節可動域を取り戻す
今回のケースでは足首に既往歴もあり、座り時間の長さから股関節、太腿の裏が硬くなっているカラダでした。
本来のカラダの関節の可動域を取り戻していくことで、末端への血流は改善します。
動きづらくなった組織を治療やストレッチなどでメンテナンスすることも大切です。

セルフメンテナンスの方法は書籍動画を参考にして下さい^^

生活習慣に正しいカラダの使い方を取り入れて、冷え性のない生活を送りましょう!!

 

姿勢壁テストを動画で学びたい方は、
現在姿勢壁テストと姿勢壁テスト解説が【無料】で公開中です。
動画配信システムをGOgetterzさんを利用しております。
GOgetterzをはじめて利用する方は、お手数お掛け致しますがGOgetterz新規登録(無料)をしていただくと(一社)日本姿勢構造機構配信の無料及び有料動画が閲覧できるようになります。
↓↓こちらのバナーをクリック↓↓

 


本ブログからお願い
この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■twitter|勢治療家仲野孝明公式
https://twitter.com/sisei_nakano

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中
https://www.youtube.com/user/nakanoseitai

■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中。
http://takaakinakano.com/mail-register/

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構
https://shiseikk.jp/seminar/

■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売
自分が使いたい商品をつくっちゃいました
https://shop.senakano.jp/

■公式ページ|姿勢治療家仲野孝明
http://takaakinakano.com/

 

関連記事

  1. 初ブログ 姿勢が悪くなると滑れないスキー

  2. 柔軟な足首を手に入れる最強のストレッチ

  3. すぐできる老化対策、四十肩・五十肩はここからチェック

  4. 猫背が治ると、日本の歴史が変わる

  5. ストレートネック・肩こり:日々の生活環境から見直しましょう

  6. おじさん猫背タイプ

  1. 2020.10.23

    第218回 カラダの劣化を確認してみる

  2. 2020.10.16

    第217回 口呼吸は、人間本来の防御機能を低下させてしま…

  3. 2020.10.15

    なぜ外反母趾になるのか?|姿勢治療家が伝える正しいカラダ…

  4. 2020.10.09

    第216回 目標達成へのアプローチを変えた継続力

  5. 2020.10.02

    第215回 正しい座り方で、意識するのはこの10点!!

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ