「人に抜かれるな…。歩くの遅くなったかな?」と感じ始めたら、恥骨を意識!?|姿勢治療家®が伝える正しいカラダの使い方【運動】【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回のテーマは歩行です。

歩いていて、「色んな人に抜かれるようになったなぁ…。」と感じ始めてせんか??

特に不調を感じることもないけど、なんとなく嫌ですよね。
歩いていて人に抜かれると言うのは、カラダの機能が落ちているサインでもあります。

「色んな人に抜かれるようになったなぁ…。」と感じている方々にこのような質問をする時があります。

「歩いている時にお腹の下に力が入っている感覚はありますか?」

するとこのように返ってきます。

「力入っている感覚…ないです。」
「お腹の下の方って力入るのを感じたことないんですけど。」
「そもそも力入るんですか?」

からこのように続きます。

「最近、下っ腹がぽっこりしちゃって…(笑)」と恥ずかしそうに教えて頂く事も。

 

上記のような感覚の時、歩く時にお腹を使えていない可能性ありです!

骨格では、骨盤の前傾が強まっています。

それに伴い、脊柱は大きく2つのパターンに分かれます。

1つ目は、骨盤の前傾に追従して、脊柱も前に傾く姿勢。
2つ目は、骨盤の前傾に逆らって、脊柱は正中線を保とうとし、腰椎を過前弯させる姿勢。(いわゆる反り腰です)

 

上記のような姿勢ですと、下腹部の出力が低下し、体幹部と下肢の連動が低下し、下肢に依存した歩行になります。
すると、歩幅が狭くなったり、足が疲れやすくなったり、膝を痛めたり、外反母趾になる可能性もあります。

 

ではどうすればいいでしょうか??

ポイントは”恥骨”。

恥骨はお臍から真下に向かって辿ると触れる骨盤の一部です。

立位時に恥骨をわずかに前に出すと、骨盤の前傾を修正することが出来ます。
骨盤が正中位になると、下腹部の出力が高まります。

いかがですか?お腹の下に力は入りましたか??

下腹部に力が入ったら、そのまま歩いてみて下さい。

いかがですか??脚が出やすくないですか?

それが体幹部と下肢が連動している状態です。

”恥骨”の意識に加えて、背伸びが出来ると尚良しです!

 

”恥骨”が分からない方、どう動かせばいいか分からない方。
周囲の筋肉などの組織が動きづらくなっている可能性があります。

是非いらして下さい!
一緒に歩きやすい身体になりましょう^^

関連記事

  1. なぜ姿勢なのか?Part2筋肉と関節の”老化”を先取りしてい…

  2. 姿勢治療家の関節可動域はこんな感じでした^^【2021年1月…

  3. 正座ができないのは、骨格のせい?

  4. 走っていて脚が流れるんです|姿勢治療家がランニングを骨格から…

  5. 《クイズ8》何を解説しているでしょうか??|姿勢治療家が伝え…

  6. 正座をする時に用心深くなっているのは膝の関節が狭くなっている…

  1. 2022.12.02

    第328回 フルマラソンとウルトラマラソンでは違う、補給…

  2. 2022.12.01

    「膝の痛みなくフルマラソンを走れたよ!」|姿勢治療家®が…

  3. 2022.11.25

    第327回 姿勢力を高める本|キッチンミノルの写真教室

  4. 2022.11.18

    第326回 『胸鎖乳突筋が緊張している』本当の原因が知り…

  5. 2022.11.17

    「人に抜かれるな…。歩くの遅くなったかな?」…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ