《クイズ7》何を解説しているでしょうか??|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

本日はクイズ第7問です!

何を解説しているでしょうか??

 

正解は…

「腰の隙間は手のひら一枚分を保つと、お腹の力(コア)が入りやすいですよ~」と解説しています。

仰向けになった時に、腰の隙間を手のひら”1枚分”に保つと、骨盤の上前腸骨棘と恥骨が水平面上に揃います。
俗にいう”骨盤をニュートラルにして”とはこの位置です。
この骨盤の位置が、コアの出力が高まる姿勢です。


仰向けになった時に、写真のように腰の隙間が手のひら”2枚以上”になっている場合、骨盤は過前弯となります。
この骨盤の位置では、コアの出力は低下してしまいます。

 

”反り腰ですね”と言われる人の多くは、お腹の力が弱く、骨盤を真っすぐな位置でキープ出来なくなっている場合があります。

 

実は「最近、体重は変わらないんだけど、下っ腹がぽっこり出てきて~」なんて方も要注意です。
ぽっこりお腹は、お腹の力が弱くなっているサインです!

まずはお腹の力を確認してみましょう!
①仰向けになって、膝を立てます
②腰の隙間に手をいれて、腰で手を下に押し付けます。

どうですか?
お腹の下の方に力が入りましたか??

その力が、腹筋トレーニングのベースになります。

下腹部に力を感じられたなら
こちらのトレーニングも”腰の隙間手のひら一枚分”をキープしながらやってみましょう^^
↓↓↓
25_体幹呼吸連動作法解説
26_ 体幹四肢連動作法解説

関連記事

  1. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】長年の腰の痛み、足外…

  2. 壱岐さん、仲野整體東京青山 姿勢治療家Ⓡの治療を初体験&#x…

  3. 扁平骨盤、そり腰、将来の出産対策は?

  4. 「朝起きたらグキッと寝違えて、首が動かなくなった」|姿勢治療…

  5. 練習時間が取れないランナーのための最短でフルマラソンを完走す…

  6. なぜ外反母趾になるのか?|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使…

  1. 2022.07.01

    第306回 時には、足指・足裏を観察してみましょう!

  2. 2022.06.24

    第305回 [姿勢治療家マイブーム]山田陽介選手に教えて…

  3. 2022.06.18

    《クイズ9》何を解説しているでしょうか??|姿勢治療家が…

  4. 2022.06.17

    第304回 走ると腰が痛くなる人、私たち現代人が鍛えた方…

  5. 2022.06.10

    第303回 元々体育3!UTMF目標完走!レース中失敗し…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ