え!加齢で軟骨がすり減ったと言われたら……

姿勢が変わると人生が変わる

第86回 : え!加齢で軟骨がすり減ったと言われたら……

Q:
体を動かすことが大好きで

筋トレやヨガ、ピラティスなどを行っています。

ところが2年ほど前から右膝に時々痛みが。
整形外科で「加齢による軟骨減少」と診断されました。

膝関節に無理がかかる運動は、今後の人生で避けるべき?
(S.Mさん/52才主婦/162cm 48kg)

 

2bf17cff960a0c84b31661e2ebeda4ec_s

 

 

 

 

 

 

 

A:
もちろん、誰しも加齢はします。

しかし52才の人がみな膝が痛いわけではないですよね?

 

骨と骨の間にある軟骨には、滑りをよくする役目があります。

S.Mさんは、加齢に伴って軟骨が減り始め、

筋肉を動かしにくくなっている状態でしょう。

 

<仰向けに寝て、上から膝を押します>

膝伸展の簡単なテストです。誰かにヘルプしてもらうとよいですね。

伸ばした膝の裏に、手のひらが入るような隙間がありませんか?

これでは完全に伸びきっていません。

 

脛骨と腓骨、大腿骨に挟まれた関節が、膝。
骨組みトータルで動いていることが負担をかけないポイントです。

バランスが良ければ軟骨は減りません。

傾きが出てくると、軟骨をつぶし始める使い方になります。

右膝が伸びにくくなっているので、

“これ以上、減らないための体の使い方”に変えてゆくべきです。

 

おすすめのストレッチを紹介しますね!

  • もも裏ストレッチ(『一生「疲れない」姿勢のつくり方』P100)

①正しい姿勢で椅子に座る。

②膝を曲げずに、片足を前に伸ばす。

かかとは床、足首は直角。反対の足は曲げる。

③股関節を深く曲げ、体を前に倒す。

膝は曲げずに2~3回。反対側も行う。

 

  • 座り前屈ストレッチ(同書P110)

①足を伸ばして、床に座る。背筋を伸ばす。足首は直角。

②股関節から体を前に倒し、足首を手でつかむ。

膝が曲がらないように2~3回。

 

加えてのチェックポイント

  • 正しい正座ができているか

膝は股関節と足首の関節の間にあるため、

この大きな関節の動きの悪さも負担に。

正座が苦手な人の弱点は、足首のかたさです。

→足首を回そう(同書P158)

 

【ポイント】

S.Mさん、ピラティスで苦手な動作はありませんか?

その気づきに原因が隠れていることがあります。

痛い時の運動は無理をせずやめて、改善してからにしましょう。

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第86回目エピソードを再編集したものです)

 

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 内股の私、ガニ股の彼氏、何か問題でも?!

  2. 冷え、肌荒れ、生理痛。女性に多い悩みも姿勢で改善!?

  3. 体を変える第1歩は「姿勢への気づき」

  4. 姿勢を正して座ると、骨盤周囲の緊張と腰の痛みがある方へ

  5. 体温は健康指標!! 低体温により免疫や代謝が下がる!!

  6. 人間は、原点に立ち戻る必要があります

  1. 2019.11.15

    第169回 飛行機移動での「疲れない座り方」

  2. 2019.11.08

    第168回 姿勢治療家オススメ|トレラン服装2019

  3. 2019.11.01

    第167回 フルマラソン挑戦する前にしてほしいチェック項…

  4. 2019.10.26

    【治すだけが目的ではない:臨床レポート】頭位めまい症と診…

  5. 2019.10.25

    第166回 物に頼らず「最強の座り方」を!!

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ