なぜ腰が痛くなるの?|姿勢治療家の解剖学で腰の不調の原因を学びましょう!【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

「なぜ腰は痛くなるの?」とよく質問を受けますが

内臓からの関連痛や事故による外傷などを除外して
筋骨格に関してのみ簡単にお伝えするなら

 

「カラダ本来の骨格を正しく使えていないから!」です。

 

では、カラダ本来の骨格はどのような形状をしていたでしょうか??

 

背骨はゆるやかなS字カーブ!腰は緩やかな前カーブ!

上の図の状態がカラダ本来の骨格の状態です。
この背骨の緩やかなS字カーブを保つと、関節や筋肉などにかかる負担が少なくカラダを使えます。

座っている時やお風呂掃除でしゃがんでいる時。歩いている時
背骨のS字カーブを保って使っていますか??

このように背骨をC字カーブ使っていませんか?

このような座り方ではコアと呼ばれるお腹の力が抜けて、背骨を支える負担が腰に集中してしまいます。
負担が毎日毎日積み重なった結果、腰の痛みとなって出現するのです。

私は掃除の時でもこんな風に背骨のS字カーブを意識していますよ^^

正しいカラダの使い方のコツを学び、実践したい方はご来院頂くか
こちらの動画学習講座をご覧ください^^
一緒に学び、不調のない生活を楽しみましょう!

動画やブログなどでカラダの使い方を解説しています。
『正しい姿勢』『疲れないカラダの使い方』は下記のものを参考にして、実践してください!

 

【簡単解説】疲れない座り方の3つのポイント!!

【簡単解説】疲れない立ち方の5つのステップ!

疲れない姿勢のつくり方

暮らしの解剖学

実践している疲れない立ち方が正しいか確認したい場合はこちら↓↓

 

 

初めは簡単に姿勢が崩れてしまうでしょう。
今までの人生で培ってきたカラダの硬さ、動きづらさがあるから当然なんです。

初めからスッと出来る人はなかなかいません。
「姿勢は崩れてもOK!!気づけたら直せば合格!」くらいに捉えて実践してください。

日頃感じている不調が変わってくるのを少しずつ実感出来るはずです。

 

 


本ブログからお願い
この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。

 

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 今の柔軟性をチェックする3つの方法

  2. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】首の痛み

  3. ”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【股関…

  4. ボールが爪先に当たると膝が痛くなるのが怖くて|姿勢治療家がフ…

  5. 「今回腰を痛めて良かった!!」と言われる、そんなお仕事です|…

  6. 『一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座』開催してます!!

  1. 2024.06.14

    第409回 60代男性、ジョギング中の心拍データから見つ…

  2. 2024.06.07

    第408回「首が硬いなぁ」と思ったらぶら下がりが意外と有…

  3. 2024.05.31

    第407回 古武術の本を読んでいたのに、気づいたらチーズ…

  4. 2024.05.24

    第406回 メカニックのための手と腕の疲労軽減ガイド

  5. 2024.05.18

    仲野孝明NOTE更新|1年間の水曜飛脚が実を結ぶ!初心者…

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ