体の使い方が上手な人のモデリングがおススメ!!

姿勢が変わると人生が変わる

第78回 : 体の使い方が上手な人のモデリングがおススメ!!

今回の質問は、リスナーT.Yさんから。
以前このポッドキャストでお話しした

「頭の中で思いついたことは自分にも必ずできること。
その可能性が少しでもあるからひらめくのだ」という言葉を

心に留めてくださっているそうです。

うれしいですね!

Q:

パソコンを長く使用するデスクワークの弊害について、

仲野先生はよくお話しされていますね。

同じ姿勢と動きを強いられる意味では、

ベルトコンベアーの採用でスピードを限りなく上げた工場労働も

不自然なスタイルだと思います。

たまにそのような仕事に従事するのですが、

午前中だけで首も背中もバキバキに。どう思われますか?

A:

昨今の技術の進歩を見ていると、

将来的に、単純作業が続く現場には、

産業ロボットが導入されてゆく可能性がありそうですね。

 

とはいえ、機械と比べて人間の素晴らしいところは、
“ひらめき”だと思っています。

単純作業の中にも、臨機応変にひらめけるのが人間です。

 

「なぜ体が痛くなるのか」と考え、

現場のレイアウトや動作のやりやすさを

提案・改善してゆけるといいですね。
①同じ姿勢や同じ作業が続く場合、どうしても体には無理が生じます。

途中で、リセットすることが大事です。

こまめにちょっとしたストレッチや背伸びを入れましょう。
②一方向の動作ばかりだと、反対の動きが苦手になるもの。

いつもの作業とは違う体の使い方を日常生活に取り入れて、

バランスをとりましょう。
③体を曲げるときは、“股関節から”が基本です。

これがうまくできないと、腰を痛めやすくなります。

 

④「たまにそのような仕事に従事する」T.Yさん。

たまに、だから体をうまく使えないのかもしれませんね。

熟練の方の姿勢や動作を真似してみることをおススメします。

 

【ポイント】

モデリングは、足の位置から真似するのが◎。

すると自然に上半身の位置が決まってきて、

上手に体の使い方を真似できますよ!

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第78回目エピソードを再編集したものです)

 


本ブログからお願い
この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■twitter|勢治療家仲野孝明公式
https://twitter.com/sisei_nakano

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中
https://www.youtube.com/user/nakanoseitai

■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中。
http://takaakinakano.com/mail-register/

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構
https://shiseikk.jp/seminar/

■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売
自分が使いたい商品をつくっちゃいました
https://shop.senakano.jp/

■公式ページ|姿勢治療家仲野孝明
http://takaakinakano.com/

 

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 体の柔軟性、一方通行になっていませんか?

  2. 寒い時期、痛みが出る人は体と会話をするチャンスです!!

  3. 体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

  4. 内股の私、ガニ股の彼氏、何か問題でも?!

  5. 女性特有の体の不調と姿勢

  6. 日本は世界有数の猫背大国

  1. 2021.05.07

    第246回 鼻呼吸でランニング中の心拍数が減るのか実験…

  2. 2021.04.30

    「足を反対側の膝に乗せると踝(くるぶし)が当たるところが…

  3. 2021.04.30

    第245回 足のために、ランニングシューズの選び方と替え…

  4. 2021.04.23

    第244回 酷い腰痛ではないですが、動作をする時少し「い…

  5. 2021.04.16

    第243回 車の運転をしていると、腰が痛くなってしまいま…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ