”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【腰編】|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回は腰の怪我予防です。

怪我はどうして起こるのか?
物凄く端折ってお伝えすると”使い過ぎ”です。

日々のカラダの使い方によって、カラダには得意な使い方と苦手な使い方が出てきます。
得意な使い方とは、毎日のように繰り返し行っている動作です。
筋肉や筋膜、靭帯と言った軟部組織は、過度に繰り返し使うことで、小さな傷を重ねて、硬くなり、弾性を失います。
そうして負荷がカラダの許容範囲を超えると、怪我として表面化します。

未来の怪我を見つけるには、自分の得意なカラダの使い方を見つけ、”使い過ぎ”を防ぎ、ケアすることがポイントです^^
トレーニング中の動作はもちろんのこと、日常生活動作を観察することも必要です。

自分の得意なカラダの使い方を見つけるコツは、自分のカラダの関節可動域を知ることです。

その為の簡単チェックを今回もやっていきましょう!!

では【腰編】です!!

①椅子に正しく座ります(骨盤の坐骨を座面に当てて、背骨のS字カーブを保ち座ります)

②骨盤の坐骨を座面から離さないで、上半身を捻ります(左右交互に行います)

 

A.左右ともに90度(回している側の肩が真後ろまで動く)以上スムーズに回る→腰椎は上手に使えています

B.左右いずれかが90度まで回らず、硬さを感じる→腰椎の使い方、黄色信号です

C.左右いずれも90度まで回らず、痛みを感じる→腰椎の使い方、赤信号です

 

Aの方、腰椎に負担をかけないカラダの使い方が出来ています。
日頃から姿勢やカラダの使い方を意識されていますね^^

 

BCの方、腰椎に負担がかかるようなカラダの使い方になっています。
座っている時に腰を丸めていたり。
前かがみの時に腰を丸めていたり。
立っている時にお腹に力が抜けていたり。

可動域の低下している部位は怪我をするリスクが高まっています。
カラダの使い方を見直し、未来の怪我を回避しましょう^^

関連記事

  1. どうしても足を組むのをやめられないんです!!

  2. 山登り行く前に、ちょっと階段トレーニングしましょ^^|姿勢治…

  3. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】長年の腰の痛み、足外…

  4. なぜ姿勢なのか?Part3呼吸を改善するには正しい姿勢

  5. 【挑戦報告第二弾】チリアタカマ砂漠マラソン~心の姿勢と体の姿…

  6. 心が硬くなると、体も硬くなる。

  1. 2022.01.21

    第283回 人生は、一瞬の出来事で変わります。

  2. 2022.01.19

    「一日中座っていて足は使っていないけど疲れるんです」|姿…

  3. 2022.01.14

    第282回 24時間の使い方、1/3ずつの時間配分にす…

  4. 2022.01.13

    ストレッチは劣化したゴムを回復させる大切な運動|姿勢治療…

  5. 2022.01.07

    第281回 【飛脚仲間求む】今年こそは飛脚になって、東…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ