走っていて脚が流れるんです|姿勢治療家がランニングを骨格から考えてみた【運動】【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

シリーズ化するかもしれない
姿勢治療家が○○を骨格から考えてみた^^

今回は「ランニングで脚が流れる」です。

走られている方はよく耳にすることがある「脚が流れる」という言葉。
走る動作で、地面に着いた足が離れ、もう一度地面に着くまでの動きの中で、離れた足が体幹よりも後方に残っている時間が長い状態などを現した言葉です。

他の言い方だと
・脚が残る
・脚の返りが遅い
・脚が前にいかない
などなど

地面を後ろに強く蹴る意識を持って走られている方にも見られる動きですね^^

骨格的にはどのような可能性があるでしょうか??

身体の重心軸に対して、骨盤の前傾が過度になっている可能性があります。

骨盤の前傾位が過度になっていると、コアの力(下腹部の出力)が低下してしまいます。
コアの力が低下してしまうと、脚を前に曲げてくる動作が行いづらくなります。

その結果として、「脚が流れる」というランニングフォームになります。

では、どのような要因が骨盤の前傾を作っているでしょうか??

・股関節の可動域低下
・コアの弱化
・足関節の可動域低下・
・膝関節の屈曲位
などなど

お腹の力が弱くなっていたり、骨盤と大腿骨を繋ぐ股関節が硬くなっていたりすると、骨盤の過度な前傾位は作られます。

「脚が流れる」ランニングフォームを改善したい方は、まずはご自分の状態がどうなっているのか姿勢壁テストでチェックしましょう。

姿勢をチェック出来たら、骨格の勉強をして
「脚が流れない」ランニングフォームを手に入れましょう^^

 

骨格の勉強はこちら↓↓


関連記事

  1. PPKと言えば!? 介護、自分は大丈夫だと思っていませんか?…

  2. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】頸の下|右肩甲骨の上…

  3. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】椎間板ヘルニア後の継…

  4. 健康に大切な6つの要素とは

  5. 姿勢治療家がセルフメンテナンスの時に意識している3つのこと|…

  6. 今年も「正しい姿勢」で体のパフォーマンスを引き出しましょう!…

  1. 2022.01.19

    「一日中座っていて足は使っていないけど疲れるんです」|姿…

  2. 2022.01.14

    第282回 24時間の使い方、1/3ずつの時間配分にす…

  3. 2022.01.13

    ストレッチは劣化したゴムを回復させる大切な運動|姿勢治療…

  4. 2022.01.07

    第281回 【飛脚仲間求む】今年こそは飛脚になって、東…

  5. 2021.12.31

    第280回 何もなかった年だと思ってましたが、結構今年…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ