姿勢治療家®とは”カラダの使い方”から治療するスペシャリストです。

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

今回のテーマは姿勢治療家®です。

姿勢治療家®とは、”カラダの使い方”から治療するスペシャリストです。

現在のカラダの症状は、今までの”カラダの使い方”の成績表です。

腰が痛ければ、腰が痛くなるように使っています。
肩が痛ければ、肩が痛くなるように使っています。
股関節が痛ければ、股関節が痛くなるように使っています。

痛みだけでなく、だるい、重い、疲れるなどの症状も同様で、
今までのカラダの使い方によって現われます。

その為、”痛み”や症状に対して治療するだけでは、原因を改善できていないので、
再び同じ症状を繰り返し、果ては関節や軟部組織を壊し、悪化させてしまいます。

そこで”カラダの使い方”が大切になります。

<例えば>

①座り方
坐骨が当たるように座り、荷重のバランスが骨盤:右足:左足=6:2:2になっていますか??
骨盤ば後傾し、背中が丸くなるように座っていませんか?

②歩き方
背伸びをするように上に伸びて、みぞおちから動き出していますか??
足を大きく前に振り出し、足ばかり使って歩いていませんか?

③寝方
頻繁に寝返りを打てるような硬さの寝具になっていますか??
ベッドマットの真ん中が深く沈み込んだ形状になっていませんか?

などなど

現在のカラダの症状の原因は、24時間の”カラダの使い方”に隠れています。
その原因を見つけて、”カラダの使い方”から治療するのが姿勢治療家®です。

 

”カラダの使い方”を治していくためには3つのステップがあります。

①正しい”カラダの使い方”を知る

②正しい”カラダの使い方”を実践するための関節可動域を獲得する

③正しい”カラダの使い方”を維持するための筋力を獲得する

姿勢治療家®は、これらの3つのステップをその方のカラダの状態を見て、組み合わせます。

特に【①正しい”カラダの使い方を知る】は診療中にも繰り返し行います。
カラダの関節可動域や筋力が向上してくると、実践出来る正しい”カラダの使い方”が変わってきます。
その為、今現在可能な”カラダの使い方”を都度知って頂くことが必要です。

【①正しい”カラダの使い方”を知る】方法はいくつかあります。

⑴書籍を読む

⑵”姿勢治療家®の暮らしの解剖学”を見る

⑶来院して診療を受ける

 

 

”カラダの使い方”を変えたいと言う方、書籍や動画から姿勢治療家®の治療の一端に触れてみて下さい^^

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 本当に良い寝具はカラダが教えてくれる!|姿勢治療家が伝える正…

  2. 歩きましょう!出来れば走りましょう!!|姿勢治療家おススメの…

  3. なぜ姿勢なのか?Part3呼吸を改善するには正しい姿勢

  4. 【step0.動かしやすいカラダになる】ことこそ、運動を始め…

  5. 脚を上げると股関節が痛い|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使…

  6. 開脚が苦手ならまずはNストラップから|姿勢治療家が伝える正し…

  1. 2022.05.13

    第299回 運動を始めたい時のステップの上げ方

  2. 2022.05.06

    《クイズ3》何を解説しているでしょうか??|姿勢治療家が…

  3. 2022.05.06

    《クイズ2》何を解説しているでしょうか??|姿勢治療家が…

  4. 2022.05.06

    第298回 高校生にローファーを履かせるな!

  5. 2022.05.03

    UTMF特別対談2|100マイルを完走に導くための、睡眠…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ