姿勢治療家®とは”カラダの使い方”から治療するスペシャリストです。

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

今回のテーマは姿勢治療家®です。

姿勢治療家®とは、”カラダの使い方”から治療するスペシャリストです。

今あるカラダの症状は、今までの”カラダの使い方”の成績表です。

痛み、だるい、重い、疲れるなどの症状の多くは、
その特定の部位を使い過ぎている為に現れます。

腰が痛ければ、腰が痛くなるように。
肩が痛ければ、肩が痛くなるように。
股関節が痛ければ、股関節が痛くなるように。

実は、痛みや疲れなどが出ている部位に対して治療するだけでは、再び同じ症状を繰り返します。
それは症状の原因を変えられていない為です。
根本を変えられずにいると、果ては関節や軟部組織を壊し、悪化させてしまいます。

そこで特定の部位を使い過ぎる”カラダの使い方”ではなく、
負荷を分散させる、正しい”カラダの使い方”が大切になります。

<例えば>

①座り方
坐骨が当たるように座り、荷重のバランスが骨盤:右足:左足=6:2:2になっていますか??
骨盤ば後傾し、背中が丸くなるように座っていませんか?

②歩き方
背伸びをするように上に伸びて、みぞおちから動き出していますか??
足を大きく前に振り出し、足ばかり使って歩いていませんか?

③寝方
頻繁に寝返りを打てるような硬さの寝具になっていますか??
ベッドマットの真ん中が深く沈み込んだ形状になっていませんか?

などなど

現在のカラダの症状の原因は、24時間の”カラダの使い方”に隠れています。
その原因を見つけて、”カラダの使い方”から治療するのが姿勢治療家®です。

 

”カラダの使い方”を治していくためには3つのステップがあります。

①正しい”カラダの使い方”を知る

②正しい”カラダの使い方”を実践するための関節可動域を獲得する

③正しい”カラダの使い方”を維持するための筋力を獲得する

姿勢治療家®は、これらの3つのステップをその方のカラダの状態を見て、組み合わせます。

特に【①正しい”カラダの使い方を知る】は診療中にも繰り返し行います。
カラダの関節可動域や筋力が向上してくると、実践出来る正しい”カラダの使い方”が変わってきます。
その為、今現在可能な”カラダの使い方”を都度知って頂くことが必要です。

【①正しい”カラダの使い方”を知る方法】
↓↓↓
書籍
姿勢治療家®の暮らしの解剖学
来院して診療

 

 

”カラダの使い方”を変えたいと言う方、書籍や動画から姿勢治療家®の治療の一端に触れてみて下さい^^

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 何を解説してるでしょうか??|姿勢治療家が伝える正しいカラダ…

  2. なだらかな下りが続くクロスカントリースキーは最高です!

  3. ランニング中に姿勢治療家がチェックしている3つのこと|姿勢治…

  4. 「反り腰は腰を丸めて治す」は間違いです!|姿勢治療家が伝える…

  5. 【簡単解説】疲れない立ち方の5つのステップ!

  6. 姿勢治療家がセルフメンテナンスの時に意識している3つのこと|…

  1. 2024.07.12

    第413回 姿勢治療で蘇る人生『49歳女性のフルマラソン…

  2. 2024.07.05

    第412回 気づいたら肩がきゅっと上がってしまいます。

  3. 2024.06.28

    第411回 姿勢セミナー、リアル版復活します!!イベント…

  4. 2024.06.21

    第410回 42kmが今まで最長の50代の患者さん、重さ…

  5. 2024.06.14

    第409回 60代男性、ジョギング中の心拍データから見つ…

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ