姿勢と椎間板ヘルニアの関係

姿勢が変わると人生が変わる

56回 : 姿勢と椎間板ヘルニアの関係

ラジオネームM.Kさんからいただいた質問にお答えします。

 

Q:

ラジオネームA.M 、35歳男性です。

きっかけは寝違えでした。

それから1カ月もたつのに、右腕の外側が少ししびれたままです。
整形外科を受診したところ、“軽度の頸椎椎間板ヘルニア”との診断。

「3カ月通院し、首の牽引と電気治療を受けること」と言われ、

痛み止めと貼り薬をもらいました。

実は、33歳の時に右太もも裏がしびれ、

第五腰椎分離症と言われています。

生活を改めないといけないな、と切に思う今日この頃です。

妻には「体を鍛えたら?ヨガをしたら?」とすすめられていますが……。

A:

話をうかがうに、実に多く出会うケースのご相談です。

33歳でわかった腰部と、今回の首の椎間板ヘルニア。

これらは同じ仲間です。

 

「脱出」という意味を持つ、ヘルニア。

構造的に弱い方向に圧がかかってしまったのが原因で、

本来あるべき臓器の位置から、一部がはみ出た状態のことを指します。

MRIでしか確定できないものです。

 

負荷が加わった骨と骨の間の椎間板がつぶれてしまい、

中から髄核が出てきて椎間板ヘルニアになります。

このまま劣化してしまうと、元には戻りません。
この2年間で一気に悪くなっていることから、
近年の生活スタイルや職場での姿勢の悪さが想像できますね。

 

今以上悪化させずに、痛みを軽減できるよう、
日常生活を正しい体の使い方に切り替えないとダメです。

 

以下の順番で取り組んでゆきましょう。

①しびれが出ない正しい位置を探す。まずは痛みがない状態に。

②その正しい姿勢で生活するように意識する。これだけでトレーニング!

③前屈で手がつくような柔軟性を維持。可動域があるしなやかな体に改善。
④徐々に、運動を取り入れていく。

 

体を痛めないよう、ヨガは呼吸を止めずに行ってくださいね。

今の年齢で、何か体を動かすことを趣味にできると大変いいですね。

 

【ポイント】

ソファーにもたれて、長時間のスマホやテレビ。

骨をつぶすような姿勢をしていませんか?

体の使い方を治し、インナーマッスルを鍛え、うまくサポートしてゆきましょう。

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第56回目エピソードを再編集したものです)


本ブログからお願い
この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■twitter|勢治療家仲野孝明公式
https://twitter.com/sisei_nakano

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中
https://www.youtube.com/user/nakanoseitai

■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中。
http://takaakinakano.com/mail-register/

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構
https://shiseikk.jp/seminar/

■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売
自分が使いたい商品をつくっちゃいました
https://shop.senakano.jp/

■公式ページ|姿勢治療家仲野孝明
http://takaakinakano.com/

 

 

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 姿勢が悪いと骨や筋肉が老化する

  2. もともと人間は、長時間座るように設計されていない。

  3. 体の柔軟性、一方通行になっていませんか?

  4. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】椎間板ヘルニア後の継…

  5. 【挑戦報告第二弾】チリアタカマ砂漠マラソン~心の姿勢と体の姿…

  6. 姿勢につながる足と足の指について

  1. 2020.06.04

    今日がこれからの人生で一番若い日です!!|姿勢治療家がト…

  2. 2020.05.29

    第197回 最近環境の変化で、イライラがとまりません。

  3. 2020.05.27

    もう少し長く走ってみたいなら、鼻呼吸ランニングを!|姿勢…

  4. 2020.05.26

    走れるようになる為には、走らない!|姿勢治療家が伝えるカ…

  5. 2020.05.23

    【治すだけが目的ではない:臨床レポート】3か月前から左脇…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ