今の柔軟性をチェックする3つの方法

姿勢が変わると人生が変わる

41回 : 今の柔軟性をチェックする3つの方法

体のパフォーマンスを上げるために、柔軟性は大事です。

あなたの今の状態がどのようであるか、確認する方法をお教えしましょう。

●前屈

わかりやすいチェック方法です。

年齢は関係なく、“床に指先がつかない”状態は赤色信号!

 

<正しい前屈>

①膝を伸ばして、足先をそろえて立ちます。

②股関節から体を前に倒します。

※このとき、背中や腰だけで曲げようとすると痛めるリスクがあります。

足の付け根のビキニラインから、体を“折り曲げる”意識を持ちましょう。

 

●しゃがむ

①膝をそろえて立ちます。

②足裏をすべて床に着けたままで、しゃがむことができますか?

 

これは、足首の柔軟性チェックになります。

柔軟性がないと、ダルマさんのように、後ろに転がってしまいますよ。

 

●背中で手をつなぐ

肩の動きを全部使う動作です。

現代の日常生活では、肩回りを上げることが少なくなっています。

洗濯物を干したり、つり革を持つ時ぐらいでしょうか。

 

左右両方で交互にやってみてください。

人によっては左右差があり、

『左手を上から+右手を下から』が苦手な方が6~7割いらっしゃいます。

 

その原因は、パソコンのマウスです。

利き腕の右手で、同じ位置で繰り返し使いますよね?

腕を動かす際には肩甲骨が関係するのですが、

マウスを使う右手だけを体の前寄りで使うことになるため、

筋肉がそこで固まっているのです。

 

だから右の腕が後ろに回らず、上に上げられないというわけ。

 

マウスの位置を見直してみましょう。

    上に耳を引き上げられるような意識で、座骨で座ります。

    肩の下にひじを置きます。

    ひじを90度に曲げたところがマウスのポジションです。

 

【ポイント】

体を柔らかい状態で保つことは大切です。

また、本来の体の構造に合った使い方を心がけることも大事です。   

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第41回目エピソードを再編集したものです)

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】肩こり|腰が重い|寝…

  2. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】網膜色素変性症、視界…

  3. 肩こり首こりを激減させる姿勢

  4. なだらかな下りが続くクロスカントリースキーは最高です!

  5. すぐできる老化対策、四十肩・五十肩はここからチェック

  6. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】頸の下|右肩甲骨の上…

  1. 2020.02.21

    第183回 冬ランニングでの必須アイテム

  2. 2020.02.19

    なだらかな下りが続くクロスカントリースキーは最高です!

  3. 2020.02.19

    初ブログ 姿勢が悪くなると滑れないスキー

  4. 2020.02.14

    第182回 左足首の可動範囲が狭く、上手にかがむことがで…

  5. 2020.02.13

    【臨時お知らせ】2020年2月16日(日)北海道びえいに…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ