足首がかたくなると疲れやすかったりむくんだりします

姿勢が変わると人生が変わる

34回 : 足首がかたくなると疲れやすかったりむくんだりします

 

今回取り上げるのは、女性ラジオリスナーさんのお悩みです。

「足首のかかと側がとても硬くって……」

 

「一年ほど前から、ジャズダンスとバレエを習い始めました。

柔軟性アップはしたものの、かかとを床に着けてしゃがむことができません。

足首から曲げるフレックスの状態も苦手です。

後ろ側、つまり、かかと側を柔らかくするにはどうすればよいですか?」

フレックスは、ダンス用語ですね。

つま先を持ち上げて、足首を90度以上曲げ、

身体の方に寄せる動きを呼びます。

 

この女性ができない一番の理由。

それは、これまでの人生で足首を曲げる機会が

少なかったことではないかと思います。

 

小学校の時からダンスをしていれば違うのですが、

始めたのは一年ほど前とのこと。

加えてこれまで、<かかとの高い靴を履く頻度が高かったのでは>と想像します。

だから、足首の返る角度が狭いのでしょう。

 

そこでおススメのアドバイスを2つ。

 

①アサヒ“ストレッチングボード”

フラットな台から徐々に角度がつけられるようになっていて、

自分の体の硬さに合わせたストレッチができる商品です。

 

なんとかおしりがまっすぐでいられる角度に合わせ、

台の上に立つことで足首がよりフレックスになります。

その状態で、息を吐きながらの上半身ストレッチ。

 

毎朝夕、一回三分でOKですよ。

 

1.5倍の効果がある開脚

かかとをより遠くに押し出すようなイメージで行うと、

太もも裏の筋肉(ハムストリング)がより伸びます。

 

足首の動きは、ふくらはぎの筋肉と直結しています

動かす回数によって、ふくらはぎの血液が心臓に戻る量と比例するんですね。

むくみを解消するための最大の鍵だというわけ。

 

毎日の工夫で、足の可動範囲を広げることは可能です。

 

【ポイント】

ハイヒールを愛用している女性に、足首の硬い人が多いです。

動かせない部分を動かすことが大事! 将来の歩ける年数も変わってきますよ。  

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第34回目エピソードを再編集したものです)

投稿者プロフィール

仲野 孝明
仲野 孝明
姿勢治療家Ⓡ 創設者
【姿勢が変わると、人生が変わる。】
Your Posture makes Your Life.
可能性を最大限に引き出します。

仲野孝明公式ブログにて役立ち健康情報や姿勢が人生にもたらす影響
正しい姿勢があれば何でもできるとモットーに挑戦している事など
アップしています。是非閲覧して頂けると嬉しいです!!

仲野孝明公式ブログ↓↓↓
http://takaakinakano.com/

関連記事

  1. 整体と整骨院、接骨院の違い

  2. 運動:姿勢が変わると、運動が楽しめる体になる

  3. 体を変える第1歩は「姿勢への気づき」

  4. 姿勢につながる足と足の指について

  5. 姿勢力を高めるおススメ本ご紹介

  6. 脳からの伝達どおりに動ける体をキープしましょう!!

  1. 2020.02.14

    第182回 左足首の可動範囲が狭く、上手にかがむことがで…

  2. 2020.02.13

    【臨時お知らせ】2020年2月16日(日)北海道びえいに…

  3. 2020.02.07

    第181回 2020年は【今までやってきたことを、進化さ…

  4. 2020.01.31

    第180回 個人的に姿勢治療家(R)が最近意識している前…

  5. 2020.01.24

    第179回 仕事中腰痛になってしまった時にするべき3つの…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ