”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【膝編】|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回は膝の怪我予防です。

怪我はどうして起こるのか?
物凄く端折ってお伝えすると”使い過ぎ”です。

日々のカラダの使い方によって、カラダには得意な使い方と苦手な使い方が出てきます。
得意な使い方とは、毎日のように繰り返し行っている動作です。
筋肉や筋膜、靭帯と言った軟部組織は、過度に繰り返し使うことで、小さな傷を重ねて、硬くなり、弾性を失います。
そうして負荷がカラダの許容範囲を超えると、怪我として表面化します。

未来の怪我を見つけるには、自分の得意なカラダの使い方を見つけ、”使い過ぎ”を防ぎ、ケアすることがポイントです^^
トレーニング中の動作はもちろんのこと、日常生活動作を観察することも必要です。

自分の得意なカラダの使い方を見つけるコツは、自分のカラダの関節可動域を知ることです。

その為の簡単チェックを今回もやっていきましょう!!

では【膝編】です!!

①姿勢壁テストを行います(踵、お尻、肩、頭を壁に着けます)

②ふくらはぎを壁に着けようとします(左右交互に行います)

A.ふくらはぎがピターっと着く→膝は上手に使えています

B.ふくらはぎは表面しか壁につかない→膝の使い方、黄色信号です

C.ふくらはぎが壁に着かない→膝の使い方、赤信号です

BCだった方は、普段から膝を曲げて使う習慣がありませんか??

立っている時に片膝を曲げていたり。
椅子に座っている時に、片脚を上げてあぐらのように曲げていたり。

実はその動作が膝に負担をかけています。

将来的に膝を怪我をする可能性が待っています。

どのような時に膝を曲げて使っているのか探してみましょう^^

Cの方は治療が必要な段階です。
是非、ご来院下さい!

 

 

関連記事

  1. 8割以上が腰痛を体験する腰痛大国

  2. 【治すだけが目的ではない:臨床レポート】一年半前から変わらな…

  3. リモートワークの時こそ血糖値のコントロールを!|姿勢治療家が…

  4. 何秒、息を細く長く吐けますか??|姿勢治療家が伝えるカラダの…

  5. 練習時間が取れないランナーのための最短でフルマラソンを完走す…

  6. 体育座りは、今すぐ止めなさい!!

  1. 2021.12.03

    第276回 直観力をさえさせる、感情をキャッチする姿勢…

  2. 2021.11.27

    ”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【…

  3. 2021.11.26

    第275回 姿勢治療家の独り言で、おススメグッツや日常…

  4. 2021.11.23

    ”ランナー必見”未来の怪我を自分で見つける簡単チェック【…

  5. 2021.11.19

    第274回 北アルプスを走りながら、身体や脳について考…

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ