姿勢を意識するには睡眠が6時間必要??|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【睡眠】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回は睡眠です。

皆さんのお話を伺っていると
どうやら日常的に姿勢を意識するには6時間以上の睡眠が必要そうです。

【睡眠時間=3時間】
・なんとか仕事はこなせる
・細かなやり忘れが増える
・段取りが悪くなる
・仕事中に眠くなる
・思考がまとまとまらず、同じことを何度も考えている
・次の日が使い物にならない
・ヘロヘロする

【睡眠時間=4.5時間】
・仕事は出来る
・単純作業のような仕事は出来る
・精度を求められるようなことは怪しい
・フワッと感はある
・買い物でレジ待ちしていてイラっとする
・姿勢は意識できない
・運動は出来ない
・運が悪いと思う

【睡眠時間=6時間】
・精度を求められるような仕事も大丈夫
・ちょっと足りなくて朝のスヌーズを使う
・気持ちに余裕がある
・姿勢が崩れた時に気づける
・運動しようかなと思える
・運動出来る

【睡眠時間=8時間】
・朝起きる時に目覚ましのスヌーズいらない
・背中、首が楽
・姿勢が保ちやすい
・毎日ストレッチをやろうと思い、習慣になる
・心拍数が上がるような運動が出来る
・あまりイライラしない

 

これらのお話を踏まえると、やはり【姿勢・運動・食事・睡眠・精神・呼吸】の6要素は相互に関わりあっているんだなと感じます。

 

では「どれぐらい睡眠をとれば十分なんだろう???」とよくあるこの疑問。

それはやりたい事、なりたい自分によって違うようです。

姿勢治療家としては、姿勢を意識しやすくなり、運動が出来る【睡眠時間=6時間】以上がおススメです!!

 

さて、皆さんは睡眠時間によってどのような感覚になっているでしょうか??

その時の気持ちや行動を振り返ると、なりたい自分とのギャップが見えてくるようです^^

 

 

 

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 歩きましょう!出来れば走りましょう!!|姿勢治療家おススメの…

  2. 姿勢治療家のセルフメンテナンス~関節可動域改善編~  #姿勢…

  3. 【step0.動かしやすいカラダになる】ことこそ、運動を始め…

  4. 戦士のポーズはランナーにおススメ!?|姿勢治療家が伝える正し…

  5. 疲れたカラダを運動が救う4つの理由|今日がこれからの人生で一…

  6. 「首は身体と頭を繋ぐ血液の通り道!」ということを意識しましょ…

  1. 2024.02.23

    第393回 姿勢力が高まる本『愛に生きる 才能は生まれつ…

  2. 2024.02.21

    疲れない足の使い方 【階段編】

  3. 2024.02.16

    第392回 ランニングシューズと寿命とその重要性

  4. 2024.02.14

    慢性的な睡眠不足を変えるには?

  5. 2024.02.09

    第391回 競技前ルーティン:フットサル怪我予防

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ