正座をする時に用心深くなっているのは膝の関節が狭くなっているサイン!?|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

今回のテーマは膝です。

先日の診療で「合気道で正座をしたり、立ち上がったりする時に、膝が痛くなっちゃうのでかなり注意深く動いています。」と言う症状の方がいらっしゃいました。

その方の膝の状態を確認すると…

膝関節
屈曲可動域 右 残10度(踵をお尻まで曲げた時の大腿骨と脛骨のなす角)
左 残5度
伸展可動域 右 130度(踵からお尻から離すように伸ばした時の大腿骨と脛骨のなす角)
左 140度
*既往歴…右膝関節半月板損傷、右脛骨腓骨の遠位端骨折

どちらの膝も曲げきること、伸ばしきることが出来なくなっていました。
かつて半月板を怪我していたこともあり、右膝関節の可動域がより低下していました。

膝関節周囲の筋肉を確認すると、腓腹筋やハムストリングと呼ばれる膝を曲げる筋肉、内側広筋と呼ばれる膝を伸ばす筋肉が硬くなっていました。

かつて右足関節を骨折したり、右膝関節半月板を損傷したりと、動かせない保存期間があったこと。
実は、最近山に登って、その時に下腿が凄く疲労したこと。
それらのことが重なり、膝関節周囲の筋肉が硬くなり、関節可動域が制限され、「正座の時に注意しながら動いている」という状態になってしまったようです。

 

正座をする時に用心深くなっているのは、膝の関節が狭くなっているサインです。
筋肉、筋膜などの軟部組織を治療して、膝関節の関節可動域を改善して、スムーズに正座を出来るようにしましょう^^

 

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 日常生活でも、脇閉めてますか??|姿勢治療家が伝える正しいカ…

  2. 立っていると腰が痛くなるのは何が原因??|姿勢治療家が伝える…

  3. 猫背が治ると、日本の歴史が変わる

  4. 今日がこれからの人生で一番若い日です!!|姿勢治療家がトレー…

  5. 姿勢による印象と体の不調について

  6. ゴルフのスイングで手を使いすぎてしまうんです|姿勢治療家が伝…

  1. 2023.01.27

    別海アイスマラソン~距離対策~

  2. 2023.01.27

    第336回 自分のカラダの使い方を客観視しよう!カラダと…

  3. 2023.01.20

    別海アイスマラソン寒さ対策~下半身編~

  4. 2023.01.20

    第335回 まずは、布団の中で背伸びをする

  5. 2023.01.13

    第334回 ラン後、足裏の違和感とコリに悩んでいます

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ