開脚が苦手ならまずはNストラップから|姿勢治療家が伝える正しいカラダの使い方【運動】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家
浅川 修一郎です。

普段このような体操をしていますか??

「毎日やっているけど一向に変わらないんです。。。」
こんな切ない言葉を聞くことはよくあります。

そんな方の開脚のやり方を確認すると
骨盤が後傾して、腰椎が後弯した状態で行っています。

このようなやり方では腰椎ばかりにテンションがかかり
股関節を適切にストレッチ出来ていません。

ではどのように行うのが正しいのでしょうか??

ポイントは骨盤を前傾し、背骨の正しいS字カーブを保つことです。

写真のようにクッションを使うとより正しく効果的に行えます^^

「クッションに座っても、背中丸まっちゃって無理だよー(泣)」
って声が聞こえてきそうですね。

そんな方にとって大きな助けになるのがNストラップです。
使い方はこうです。

 

仰向けになって行うことで、骨盤から頭部までがフラットな状態になり、背骨の正しいS字カーブが保たれます。
その為、股関節、太腿の内側や外側を丁寧に伸ばすことが出来ます。

下記URLから購入して、開脚を進化させましょう!
https://shop.senakano.jp/items/27962510

関連記事

  1. もう少し長く走ってみたいなら、鼻呼吸ランニングを!|姿勢治療…

  2. 運動:姿勢が変わると、運動が楽しめる体になる

  3. ランニング故障予防!!姿勢治療家がランニング前に必ずチェック…

  4. なぜ姿勢なのか?Part2筋肉と関節の”老化”を先取りしてい…

  5. 正座ができないのは、骨格のせい?

  6. 正しい立ち方について

  1. 2021.03.05

    第237回 走ったら右くるぶしの下に痛みがでました。どう…

  2. 2021.03.02

    足が冷えます・・・|姿勢治療家の解剖学で足の不調の原因を…

  3. 2021.02.26

    第236回 「食べてる幸せ」と「食べない幸せ」を両方感じ…

  4. 2021.02.22

    【臨時配信】申込開始!!出版記念オンラインセミナー開催の…

  5. 2021.02.19

    第235回 体温アップ!!免疫力アップ!!

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ