「膝の痛みなくフルマラソンを走れたよ!」|姿勢治療家®が伝える正しいカラダの使い方【運動】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家HEAD OFFICE
浅川 修一郎です。

表題の通り、ご報告を頂きました。

「太ももとか、ふくらはぎとか攣ったりはしたんだけど、膝の痛みなくフルマラソン完走出来たよ!」

こんなご報告していただいたのは、フルマラソン2回目チャレンジの50代男性です。

こちらの方、走ると毎回7km程度で膝の痛みが現れていました。

カラダのチェックを行うと、関節可動域に2つの問題がありました。

〈関節可動域〉
・足部(リスフラン、ショパール関節)の外反制限
・膝関節の伸展制限

足の裏を外側に向ける外反という動き、膝は太腿から脛を離して伸ばす伸展という動きがそれぞれ苦手でした。

*骨格に関して学びたい場合こちらをご覧ください→姿勢治療家®暮らしの解剖学

 

レースまでの間、お伝えしていたセルフメンテナンス(足をねじるストレッチと、ふくらはぎと太もも裏を伸ばすストレッチ)を毎日実践されていたそうです。

レース後には「効果が実感できたから嬉しくて!」と喜ばれていました。

 

カラダの中で動きづらい部位があると運動機能は低下してしまいます。
特に、ランニングにおいて、足の可動域低下は、着地の衝撃を和らげる緩衝材を失っているようなものです。
緩衝材を失った足は、他の部位で衝撃を受け止めるようになり、例えば膝を痛めたりします。

これからの寒い時期、マラソンなどのレースが増えていきます。
レースを総じて楽しむ為には、痛みなどが出ないことも大切です。
是非、ご自分のカラダをチェックして、動きづらさを解消して、レースに挑みましょう^^

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

浅川修一郎
浅川修一郎
資格:
はり師/ きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/ARTプロバイダー

趣味:
フットサル/ランニング/サーフィン(今後の趣味にしていきたい)

関連記事

  1. 食べ物が飲み込みづらくなったのは姿勢が原因??【誤嚥と姿勢】…

  2. 新年連休で姿勢や体がだらけていませんか?

  3. 【解説】カラダを変えるストレッチの3ポイント|姿勢治療家®が…

  4. 出産後の骨盤のゆがみや体の不調

  5. ボールが爪先に当たると膝が痛くなるのが怖くて|姿勢治療家がフ…

  6. 今の柔軟性をチェックする3つの方法

  1. 2024.07.19

    第414回 今、痛みもなく元気な私は、仲野先生のところに…

  2. 2024.07.12

    第413回 姿勢治療で蘇る人生『49歳女性のフルマラソン…

  3. 2024.07.05

    第412回 気づいたら肩がきゅっと上がってしまいます。

  4. 2024.06.28

    第411回 姿勢セミナー、リアル版復活します!!イベント…

  5. 2024.06.21

    第410回 42kmが今まで最長の50代の患者さん、重さ…

  1. 2023.11.16

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ