「足を反対側の膝に乗せると踝(くるぶし)が当たるところが痛いんです」|姿勢治療家がバネ指を骨格から考えてみた【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

「足を反対側の膝に乗せると踝が当たるところが痛いんですけど、これ何ですか??」

普段の日常生活では感じないけど、特定の動きをした時に痛みを感じることってあると思います。
今回はそんな瞬間を骨格から考えてみました。

膝の痛い部分は大腿四頭筋の部分です。
この辺です。

ここに足を乗せて踝(くるぶし)が当たると痛みが出るようです。
痛みが出る部位の組織をチェックしてみると、大抵、筋の弾性が低下していて、硬くなっています。

組織が硬くなっていると、踝が当たる圧を逃がすことが出来ずに痛みを感じてしまいます。

では、どうして大腿四頭筋は硬くなるんでしょうか??

大腿四頭筋に負担がかかるのは前に体重がかかるような姿勢。
このような姿勢です。

膝が曲がっていたり
前傾姿勢になっていたり

前に倒れようとする姿勢になっているとカラダを支えようとして、大腿四頭筋に力が入ります。
その姿勢が長い状態続くことで、硬くなってしまいます。

ご自身のカラダはいかがでしょうか??
まずは姿勢のチェックをしてみましょう!!

壁を使うと簡単にチェック出来るのでおススメですよ^^

関連記事

  1. ストレートネック・肩こり:日々の生活環境から見直しましょう

  2. 体の歪みが気になる

  3. 1粒の種から生まれるお米の数は?

  4. 「歩くだけで足パンパン!!」そんなあなたの歩き方は間違ってい…

  5. 腱板損傷と言われました、どうしたら良いでしょうか?

  6. 仕事と姿勢の考え方

  1. 2022.09.30

    第319回 若い子達に姿勢の大切さを伝えたくて、無謀にも…

  2. 2022.09.23

    第318回 寝る前のメンテナンスで身体リラックス、おスス…

  3. 2022.09.22

    正座をする時に用心深くなっているのは膝の関節が狭くなって…

  4. 2022.09.16

    第317回 運動は、この時間にした方がおススメという説よ…

  5. 2022.09.09

    第316回 3ヶ月ケト食生活、血液検査結果はいかに!?

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ