「足を反対側の膝に乗せると踝(くるぶし)が当たるところが痛いんです」|姿勢治療家がバネ指を骨格から考えてみた【骨格】

日本姿勢構造機構 理事
姿勢治療家Ⓡ
浅川 修一郎です。

「足を反対側の膝に乗せると踝が当たるところが痛いんですけど、これ何ですか??」

普段の日常生活では感じないけど、特定の動きをした時に痛みを感じることってあると思います。
今回はそんな瞬間を骨格から考えてみました。

膝の痛い部分は大腿四頭筋の部分です。
この辺です。

ここに足を乗せて踝(くるぶし)が当たると痛みが出るようです。
痛みが出る部位の組織をチェックしてみると、大抵、筋の弾性が低下していて、硬くなっています。

組織が硬くなっていると、踝が当たる圧を逃がすことが出来ずに痛みを感じてしまいます。

では、どうして大腿四頭筋は硬くなるんでしょうか??

大腿四頭筋に負担がかかるのは前に体重がかかるような姿勢。
このような姿勢です。

膝が曲がっていたり
前傾姿勢になっていたり

前に倒れようとする姿勢になっているとカラダを支えようとして、大腿四頭筋に力が入ります。
その姿勢が長い状態続くことで、硬くなってしまいます。

ご自身のカラダはいかがでしょうか??
まずは姿勢のチェックをしてみましょう!!

壁を使うと簡単にチェック出来るのでおススメですよ^^

関連記事

  1. 人間は、原点に立ち戻る必要があります

  2. 構造:骨と筋肉が姿勢をつくる

  3. 仕事と姿勢の考え方

  4. PPKと言えば!? 介護、自分は大丈夫だと思っていませんか?…

  5. 体の柔軟性、一方通行になっていませんか?

  6. 「朝起きたらグキッと寝違えて、首が動かなくなった」|姿勢治療…

  1. 2021.07.23

    第257回 自粛生活の結果、血液検査結果が悪化した人が…

  2. 2021.07.16

    第256回 79歳のお母様の体力が心配な娘さんへ、姿勢…

  3. 2021.07.14

    パキパキなる股関節は正しい姿勢が取りづらい??|姿勢治療…

  4. 2021.07.09

    第255回 姿勢も型で覚えられれば、猫背知らず!!

  5. 2021.07.02

    第254回 日本人の「精神と姿勢」

  1. 2015.03.03

    【10のチェック項目】あなたの体の劣化具合チェック!!

  1. 2015.03.24

    体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

アーカイブ